「恵まれない人に譲った私の水着なぜフリマに?」 ボランティア装って水着集めた男の正体:イザ!

えぇ・・・


【追跡・街の110番】

「恵まれない人へのボランティアのために水着を譲ってくれないか」。そんなうたい文句で女性(26)から水着をだまし取ろうとした男の正体は、水難救助の現場で働く現役消防士だった-。警視庁八王子署は7月末、詐欺未遂の疑いで、神奈川県平塚市消防本部海岸出張所の消防士長の男(30)を逮捕した。男は寄付活動を装って競泳用水着を入手し、インターネットの個人売買サイトで出品しようと画策。同様の手口で水着の詐取を繰り返していたとみられるが、犯行は被害に遭った別の女性の機転によって露呈するに至った。(社会部 安里洋輔)

■見知らぬ男からの突然のメッセージ

「突然なんですけど、使っていない競泳水着ってありますか」

「薄くなっていてもトライアスロンのでも、何でも大丈夫です。お金がなくて水着が買えない外国の水泳チームのために水着を集めていて、協力してもらったら助かります」

八王子署によると、東京都八王子市に住む女性のフェイスブック(FB)のアカウントにこんなメッセージが届いたのは、4月中旬のことだった。

送り主は見覚えのない男。FB上のプロフィルを確認したが、女性に心当たりはなかった。

一見、善意のボランティア活動のように見えるが、気味が悪くないわけでもない。女性は返事を留保し、後日、20代の友人女性にメッセージのことを話した。すると、友人女性からは意外な答えが返ってきた。

「その人、私の知り合いだよ。水難救助隊の消防士さんだよ」

トライアスロンのコーチをしている友人女性の話によると、送り主の男とは旧知の仲という。ただ、それでも見知らぬ相手に使用済みの水着を渡すことはためらわれ、女性は申し出に応じていなかった。

■寄付したはずの水着がフリマに…

女性にメッセージが送られてから約1カ月後、今度は相談に乗った友人女性にも同様のメッセージが届いた。知人だったこともあり、友人女性は二つ返事で申し出を了承。「少しでも困っている人のために役立てば」。そうした素朴な善意から、友人女性は仕事などで使用していた競泳用水着3枚を男に送ったという。

しかし翌日、友人女性にとって目を疑う事態が起きた。スマートフォンでたまたまフリーマーケットアプリを眺めていると、見覚えのある水着が「1枚2500円」で出品されていたのだ。

善意で送ったはずの水着が転売されたのか-。そう疑った友人女性は、真偽を確かめるために出品されていた水着を購入。自宅に郵送されてきた水着が、自分が寄付したはずの物であることを確認すると、すぐに女性に連絡を取った。

友人女性から一連の事情を聞かされた女性は、八王子署に相談。犯行が露見し、八王子署はこの女性の水着をだまし取ろうとした詐欺未遂の疑いで男を逮捕するに至った。

男は平成22年から平塚市消防本部に所属。海の安全を守る水難救助隊の一員だったという。

水難救助隊といえば、水着姿で海や川でおぼれた人を助けることもある。男が水着に関する仕事をしていたのは偶然か?

同署によると、男は取り調べに容疑を認め、「(水着を転売して)自分の小遣いにしようと思った」と動機を供述。他にも数件、同様の犯行を繰り返していた疑いがあるといい、同署が調べている。

捜査関係者は「男には妻と子供もいる。たかだか数千円のためになぜあんなことをしたのか…」と首をかしげた。

情報源: 「恵まれない人に譲った私の水着なぜフリマに?」 ボランティア装って水着集めた男の正体:イザ!

なんだそりゃ・・・