タイで美人ウエートレス3人組逮捕 問題視されたのはエロ衣装ではなく… 

へぇ・・・


【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】タイ中部サラブリー県で1日、地元パブレストラン「バルコニー・バー」の美人ウエートレス3人が逮捕された。

サラブリー署が出頭を命じた3人は共に23歳。メガネ巨乳のパンポン、あどけない顔立ちのファーサイ、金髪セクシー系のアリス。店をPRしようと、スマホで自撮りした動画をフェイスブックにアップしたのがマズかった。

店の制服は胸元が大きく開き、下は股間まで切れ込みの入ったホットパンツだ。その格好で店の看板娘パンポンが中心となり「料理もおいしいし、ライブ演奏もあります。この制服を着た女子もたくさんいるから、飲みに来てね!」などとPR。動画は延々20分以上続き、パンポンらは事あるごとに胸を寄せ、もみ、前かがみになって巨乳を強調しまくる。

タイ男性が食いつくのに時間はかからず、この動画はツイッターなど他のSNSでも一気に拡散し、隣国カンボジアでも話題に。「タイの地方都市ではセクシー制服で客を呼ぶパブが特に人気。女子大生がバイトしてたりもする。しかし、バンコクから北に1時間以上の田舎町にこんな優良店があるとは」(バンコク在住日本人)。それが地元警察の目にも留まってしまった。

「警察が問題視したのはエロ衣装や“巨乳推し”ではなく、パンポンが無邪気に連呼していた『今ならビアレオ(地元ビール)を1本買うごとにもう1本サービス!』という売り文句。これが違法と判断された」とは地元記者。

タイではアルコールに関する規制がかなり厳しい。買えるのは午前11時から午後2時と、午後5時から午前0時の間だけで、仏教の記念日や選挙の前日は売られない。広告も制限され、ビールを飲んでいるCMなどはご法度。こうした「人を飲酒に誘う宣伝や広告、販売促進」はNGで、3人はこれに違反したのだ。

「タイの街を歩いててよく見かける『1個買ったらもう1個タダ』という飲み屋の看板ぐらいは黙認されている。でも今回の動画がSNSで大々的に広まった以上、警察も宣伝と判断し、腰を上げざるを得なかったのでは」と前出記者。

当の3人は「違法とは知らなかった。申し訳なかった」と猛省。今後、裁判に出廷することになるが、アルコール規制法の違反者には1年以下の懲役か50万バーツ(約166万円)以下の罰金もしくはその両方が科される。ただ、現地では店のためを思ってひと肌脱いだ巨乳娘たちへは同情の声が広がっている。

情報源:タイで美人ウエートレス3人組逮捕 問題視されたのはエロ衣装ではなく… – ライブドアニュース

厳しいねぇ。