水島港でヒアリ確認、中四国で初 倉敷市

マジか・・・


岡山県は9日、同県倉敷市の水島港で、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」200匹以上が見つかったと明らかにした。女王アリ2匹も発見された。

県などによると、5日に専門業者が捕獲用の粘着トラップを水島港の埠頭(ふとう)に設置し、翌6日に専門業者が回収する際にトラップからヒアリとみられるアリを発見。付近を確認したところ、200匹以上のアリが見つかり、その後、ヒアリと確認された。

県は、巣や卵は見つかっていないことから、定着の可能性は低いとみている。(共同)

情報源:岡山・水島港でヒアリ200匹以上、女王アリ2匹も – 社会 : 日刊スポーツ


岡山 倉敷の水島港でもヒアリ見つかる

今月6日、岡山県倉敷市の水島港で、およそ200匹のアリが見つかり、鑑定の結果強い毒を持つ南米原産のヒアリと確認されました。

今月6日、岡山県などが倉敷市の水島港国際コンテナターミナルでヒアリの調査をしたところ、仕掛けていたわなやその周辺で、およそ200匹のアリが見つかりました。

岡山県によりますと、アリは、その場で駆除され、専門家による鑑定の結果、9日ヒアリと確認され、このうち2匹が女王アリだったということです。ヒアリが見つかった付近には、中国や韓国などから運ばれたコンテナが置かれていたということです。

ヒアリは、体内に強い毒を持ち、腹部にある針で刺されると激しい痛みが出るほかアレルギー反応を起こして死亡することもあります。

岡山県は、卵やさなぎが見つかっていないことやヒアリが発見された場所が一般の人の立ち入りができないエリアになっていることから、周辺にヒアリが拡散した可能性は低いとしていますが、今後も環境省と協力して、周辺に毒を含んだ餌を置いたり、わなを仕掛けたりして、調査を続けることにしています。

岡山県は、「疑わしいアリを見つけた場合は、素手で触らず、連絡してほしい」と注意を呼びかけています。

情報源:岡山 倉敷の水島港でもヒアリ見つかる | NHKニュース


水島港国際コンテナターミナルで発見されたヒアリの女王アリ(環境省提供)
水島港国際コンテナターミナルで発見されたヒアリの女王アリ(環境省提供)

環境省と岡山県は9日、水島港国際コンテナターミナル(岡山県倉敷市)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」約200匹が見つかったと発表した。国内では過去、兵庫、大阪、東京など7都府県で見つかっており、今回で12例目。中四国での確認は初めてとなる。

県によると、5日に同ターミナルに粘着わな80個を仕掛け、6日に回収したところ、コンテナ置き場の1個で複数のアリを発見した。周辺を調べると、女王アリとみられる2匹を含む計約200匹が確認された。さなぎや幼虫、卵は見つからなかったという。

その場で殺虫剤で駆除し、専門家の鑑定の結果、9日にヒアリであることが判明した。県は今後、わなの設置範囲を広げるなどの対策を取る方針。同ターミナルには、中国、韓国、ベトナムなどとを結ぶ定期コンテナ船が就航している。(小川奈々)

情報源:ヒアリ200匹、岡山・水島港で確認 中四国で初:朝日新聞デジタル


水島港でヒアリ確認、中四国で初 倉敷市

強い毒をもつ特定外来生物のヒアリが、岡山県倉敷市の水島港でも確認されたことが明らかになった。中四国では初めて、国内では10か所目となる。

強い毒をもつ特定外来生物のヒアリが、岡山県倉敷市の水島港でも確認されたことが明らかになった。中四国では初めて、国内では10か所目となる。

ターミナルに80個設置した粘着トラップに今月6日にかかったアリを鑑定した結果、ヒアリであることが確認された。200匹以上が発見され、中に女王アリが2匹いた。卵や幼虫は見つかっていない。これまでのところ、ヒアリに刺された人はいないという。

水島港湾事務所・維持管理課長の東山正明氏は、「見つかったヒアリについては、殺虫処分をしまして、対策はしておりますので、特に不安になるようなことはないと思っています」としている。

現場は中国や韓国、ベトナムなどのコンテナが積まれた通路の一角で、県では、周辺のコンテナを移動しないよう関係事業者に要請している。

ヒアリは攻撃性が強く、刺された場合、アナフィラキシーショックを起こす恐れがあり、岡山県では、素手で触ったり、刺激したりしないよう注意を呼びかけている。

岡山県自然環境課の米戸健浩課長は、「コンテナターミナルは限られたエリアなので、現時点ではその他の地域への拡散の可能性は低いと考えている」とした。

岡山県では、粘着トラップを置く範囲を拡大するなどして、国と協力しながら防除に努めるとしている。

情報源:水島港でヒアリ確認、中四国で初 倉敷市|日テレNEWS24


勘弁してくれ・・・