南シナ海で米国の「軍事的活動の自制」要求

ハァ・・・


南シナ海で米国の「軍事的活動の自制」要求

7日行われるASEAN(東南アジア諸国連合)と、日本・アメリカ・中国などの外相会議の議長声明案が明らかになり、南シナ海問題でアメリカなどを念頭に、「軍事的活動の自制」を求めていることがわかった。

FNNが入手した草案によると、南シナ海問題で、「領有権を主張していない国を含む全ての利害関係国」に対し、「軍事的活動の拡大の自制」を求めている。

「航行の自由作戦」を行うアメリカ軍を念頭に置いたものとみられ、中国寄りの外交方針をとる、議長国フィリピンの意向がにじんでいる。

中国の海洋進出に懸念を強める、日本やアメリカが、7日の会議でどのような対応をするかが焦点となる。

情報源: 南シナ海で米国の「軍事的活動の自制」要求

ふむ。