NYで9億円相当の象牙粉砕 違法取引の根絶訴え | NHKニュース

へぇ・・・


NYで9億円相当の象牙粉砕 違法取引の根絶訴え

アメリカ・ニューヨークで、象牙の違法取引の根絶を訴えようと、現地で押収された象牙の装飾品などおよそ2トン、価格にして日本円でおよそ9億円相当を公開の場で粉々にするイベントが開かれました。

このイベントは、ニューヨーク州や野生生物の保護団体などが3日、中心部のセントラルパークで開いたものです。

会場には、現地で当局に押収された象牙の装飾品などおよそ2トン、価格にして日本円でおよそ9億円相当が運び込まれ、集まった人たちの前でベルトコンベアにのせられ機械で粉々にしていきました。

主催者の1人は、装飾品の1つの先端数十センチほどを指し示しながら、「この部分を作るのに、5頭の子どものゾウが殺されている。4日粉砕した装飾品のためにおよそ100頭のゾウが死んだ計算で、アフリカでは毎日、それくらいの数のゾウが殺されている」と述べ、象牙の違法取引の根絶を訴えました。

象牙の取引は、絶滅のおそれがあるアフリカゾウなどの野生生物の国際取引を規制するワシントン条約で世界的に禁止されています。しかし、ニューヨークでは、去年9月、骨とう品店で日本円にしておよそ5億円に相当する象牙製品が販売されているのが見つかりました。

また、世界的に見ても、先月、マレーシアで、ナイジェリアから空輸された象牙76キロが押収されたほか、香港では、マレーシア経由で運ばれた7トン以上の象牙が一度に押収されるなど、違法な取引は依然として後を絶ちません。

情報源: NYで9億円相当の象牙粉砕 違法取引の根絶訴え | NHKニュース

ほぉ・・・