ピコ太郎 国連で「SDGs」PRパフォーマンス

ふむ・・・


17日、ニューヨークの国連本部で「持続可能な開発目標」の17分野にちなんで、両手で「17」のポーズを決める歌手のピコ太郎さん(右)と岸田外相(中央)ら(共同)
17日、ニューヨークの国連本部で「持続可能な開発目標」の17分野にちなんで、両手で「17」のポーズを決める歌手のピコ太郎さん(右)と岸田外相(中央)ら(共同)

【ニューヨーク共同】岸田文雄外相は17日夜(日本時間18日午前)、米ニューヨークの国連本部で開かれた日本政府主催のレセプションに歌手のピコ太郎さんと出席し、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」をPRした。SDGsは認知度アップが課題となっており、海外でも人気が高いピコ太郎さんにあやかった格好だ。

レセプションでピコ太郎さんは自身の人気パフォーマンス「PPAP」に開発目標の内容を盛り込んだ歌とダンスを披露。SDGsが設定する貧困・飢餓の撲滅や、教育機会の確保など17の目標分野にちなみ、2人そろって両手で「17」を示すポーズを決めた。

情報源:ピコ太郎さんと国連でPR 岸田外相、開発目標巡り – 共同通信 47NEWS


岸田文雄外相や子どもたちと、SDGsの目指す17分野の「17」をあらわすポーズを取るピコ太郎さん=17日、米ニューヨーク、笹川翔平撮影
岸田文雄外相や子どもたちと、SDGsの目指す17分野の「17」をあらわすポーズを取るピコ太郎さん=17日、米ニューヨーク、笹川翔平撮影

国連本部で「PPAP」新ネタを初披露――。国連の持続可能な開発目標(SDGs〈エスディージーズ〉)に関する会合に合わせ、日本政府が17日夜(日本時間18日朝)に米ニューヨークの国連本部で開いたレセプションに、「PPAP ペンパイナッポーアッポーペン」のヒットで世界的に知られるピコ太郎さんが登場した。

日本政府は「PPAP」人気にあやかろうと、世界が取り組むべき17分野の目標を掲げたSDGsの取り組みの考え方を「Public Private Action for Partnership」(官と民の連携に向けた取り組み)と読み替え、「SDGs版PPAP」として打ち出す。外務省の依頼でSDGs版の動画をつくったピコ太郎さんが、レセプションに特別ゲストとして登場。軽快なダンスと歌を人前で初披露した。

壇上に上がったピコ太郎さんは英語で「マイ・ネーム・イズ・ピコ太郎・フロム・ジャパン」と興奮気味にあいさつ。国連の略の「UN」がPPAPの「ウン!」のかけ声と同じだと紹介すると、会場は笑いに包まれた。子どもたちと一緒に、「ペン」と「ブック」を合わせて「エデュケーション(教育)」などと17分野の目標を盛り込んで歌い、終了後は「(いつもの)PPAPよりウケていてよかった。まずは陽気に、言葉を耳にインプットして覚えてもらえれば」とほっとした様子で話した。(ニューヨーク=笹川翔平)

情報源:ピコ太郎さん、国連本部でPPAP「ウケてよかった」:朝日新聞デジタル


「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた日本の取り組みをPRする岸田文雄外相(中央)とピコ太郎さん(右)=17日、米ニューヨークの国連本部
「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた日本の取り組みをPRする岸田文雄外相(中央)とピコ太郎さん(右)=17日、米ニューヨークの国連本部

【ニューヨーク時事】ニューヨークの国連本部で17日、日本政府主催のレセプションが岸田文雄外相も出席して開かれ、ヒット曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られるピコ太郎さんが、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度を高めるために作ったPPAPの替え歌を披露した。

ピコ太郎さんは国連のインターナショナルスクールに通う子供らと登壇。「ノー・ポバティ(貧困)」「エデュケーション(教育)」などの言葉を盛り込んだ替え歌を踊りながら熱唱し、早口で「サステーナブル・デベロップメント・ゴールズ(SDGs)」と歌う場面では会場の笑いを誘っていた。

ピコ太郎さんは日本の外務省の依頼を受け、動画などでSDGsのPR活動に関わっている。レセプションには岸田氏の要請を受けて出席した。(2017/07/18-10:36)

情報源:開発目標、ピコ太郎さんがPR=国連で替え歌披露:時事ドットコム


【ニューヨーク=高橋里奈】楽曲「PPAP(ペンパイナッポアッポーペン)」のヒットで人気者になったタレントのピコ太郎さんが17日、国連本部で貧困の撲滅や教育の確保を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」を普及させる替え歌を披露した。ピコ太郎さんがテンポのいい曲に合わせ歌い踊ると、各国の外交官や国連職員が集まる会場は笑いに包まれた。

17日、ニューヨークの国連本部でSDGs普及のための替え歌を披露するピコ太郎さん(中)
17日、ニューヨークの国連本部でSDGs普及のための替え歌を披露するピコ太郎さん(中)

「アイハブアペーン、アイハブアブック、エデュケーション!」。ピコ太郎さんが「PPAP」のSDGs版を歌うと会場は大いに盛り上がった。ピコ太郎さんを知る人はほとんどいなかったが、アルゼンチンの外交官は「とても明快でおもしろい」と笑顔だった。

ピコ太郎さんは外務省の要請で替え歌を作詞。「ノー・ポバティー(貧困ない)」などSDGsが掲げる理念を単純な英語で表現した。

ライブ後に記者会見したピコ太郎さんは「サステイナブル・デベロップメント・ゴールズ」という言葉を「まず覚えてもらい、それからサステイナブルって何? と興味を持ってもらえれば」と語った。この日はピコ太郎さんの54歳の誕生日でもあり、「最高の誕生日だった」と振り返った。

情報源:ピコ太郎さん、国連で「SDGs」をPR 替え歌披露  :日本経済新聞


ピコ太郎 国連で「SDGs」PRパフォーマンス

「PPAP」の曲で知られるピコ太郎さんが、ニューヨークの国連本部で開かれたレセプションに岸田外務大臣と参加し、おなじみのリズムに乗せて、貧困や格差の解消などを目指す、国連の長期的な開発目標をPRするパフォーマンスを披露しました。

ニューヨークの国連本部では、貧困や格差の解消などを目指し、国連がおととし定めた「SDGs=持続可能な開発目標」をめぐって日本政府がレセプションを開き、岸田外務大臣が出席したほか、「SDGs」をPRする動画を作成したピコ太郎さんがスペシャルゲストとして登場しました。

ピコ太郎さんはおよそ270人の各国の関係者から歓声があがる中、ステージに立ち、子どもたちと一緒に「PPAP」のリズムに乗せて、「貧困をなくそう」などといった17ある「SDGs」の目標のロゴを示してPRするパフォーマンスを披露しました。

このあとピコ太郎さんは記者団に対し「『スベル』イメージしかなかったが、すごく盛り上がり、笑っていなかったのは日本人くらいだった。一緒に踊った子どもたちが、終わった後も『SDGs』と繰り返してくれ、まずは言葉を耳に入れて、ゆっくりと広がっていけばいいと思います」と話していました。

情報源:ピコ太郎 国連で「SDGs」PRパフォーマンス | NHKニュース


ほぉ・・・