100歳すぎても現役医師 日野原重明さん死去

日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長

105歳か・・・


「生活習慣病」という言葉を編みだし、予防医療や終末期医療の普及に尽くした聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が死去したことが18日、分かった。105歳だった。

京都帝国大医学部卒。1941年、内科医として同病院に勤務。51年から1年間留学した米国で病巣だけではなく患者の心身全体を考える「全人医療」を実体験し、帰国後に様々な改革を提案、実行した。

54年に民間病院としては初めて人間ドックを開設。定期健康診断による早期発見、早期予防の医療を定着させた。また、成人病を生活習慣病と言い換えるよう提案した。患者との対話を重視し、患者参加型の医療を推進した。

94年には国内初の独立型ホスピスを設立。小中学生に命の授業を行うなど、命の大切さや平和の尊さを伝える活動に積極的に取り組んだ。

2000年に75歳以上の元気で自立した高齢者でつくる「新老人の会」を発足。100歳を超えても現役を通す姿は高齢化社会を生きるモデル像ともなった。

多数の著書があり、01年出版の「生きかた上手」は100万部を超えるベストセラーに。ベストセラーの絵本「葉っぱのフレディ」のミュージカルの脚本も執筆した。

70年に起きた「よど号ハイジャック事件」に乗客として遭遇した。05年文化勲章。

90年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を執筆した。

情報源:日野原重明氏が死去 聖路加国際病院名誉院長、105歳  :日本経済新聞


JUST IN 新潟 五泉市に避難指示7月18日 9時11分 100歳すぎても現役医師 日野原重明さん死去7月18日 9時04分 100歳すぎても現役医師 日野原重明さん死去 100歳すぎても現役医師 日野原重明さん死去

100歳をすぎても現役の医師を続け、高齢者が活躍できる社会の在り方などについて提言を続けた、文化勲章受章者の日野原重明さんが18日朝、呼吸不全のため亡くなりました。105歳でした。(1911年10月4日生)。

日野原さんは明治44年に山口市で生まれ、当時の京都帝国大学で医学を学んで昭和16年に東京の聖路加国際病院で内科医として働き始めました。診療のかたわら、病院関係者の力を総合した「チーム医療」の重要性を主張して、看護師の教育に力を注いだほか、昭和29年には民間の病院でははじめて、人間ドックを導入し、生活習慣を改善して病気を予防するという考え方を普及させました。

日野原さんは聖路加国際病院の院長や理事長、国際内科学会や国際健診学会の会長などを務めました。また昭和45年のよど号ハイジャック事件に巻き込まれ、4日間、人質として拘束されました。こうした経験から生と死をテーマにした執筆や講演を続けて高齢者が活躍できる社会の在り方などについて積極的に提言し、平成13年に出版した「生きかた上手」がミリオンセラーとなりました。

また、音楽劇に出演したり、全国の小学校を回ったりする活動を続け、テレビ番組にも数多く出演して人間味あふれる語り口で親しまれました。平成15年に放送文化賞を受賞したほか、平成17年には文化勲章を受章しています。さらに、90歳を前に出会ったアメリカの絵本をもとに、命の尊さを伝えるミュージカル「葉っぱのフレディ」の脚本の原案を手がけるなど、生涯現役の医師を貫きながら活動の幅を広げていました。

関係者によりますと、日野原さんは体調を崩して自宅で静養を続けていましたが、18日朝6時半すぎ呼吸不全のため亡くなりました。

金子兜太さん「100歳すぎてものんきにはしゃぐ人」

日野原さんと交流のあった俳人の金子兜太さんは「日野原さんは俳句が好きで、よく電話をくれました。多方面に豊富な知識がある方なので、私自身も勉強になることが多かったです。100歳を過ぎてものんきにはしゃぐ人で、数年前、一緒にロンドンに行った時もステップを踏んだりはしゃぎすぎて体を痛め、急きょ日本に帰ったこともあったほどです。ひとりではしゃいで楽しみ、同時に周りの人のことを楽しませ緊張している人の心も解きほぐす、気配りのできる人でした。日野原さんは『人間は120歳まで生きることが可能だ』と言っていたので、まだまだ生きて、記録を作ってほしかったです」と話していました。

宮城まり子さん「父親を亡くしたような思い」

日野原重明さんが役員を歴任してきた静岡県掛川市の障害者の福祉施設「ねむの木学園」の園長を務める女優の宮城まり子さんは「私は何十年も前に患者としてお世話になって以来、親戚みたいにずっと親しくしていたので、父親を亡くしたような思いです。ことしの4月に聖路加病院で診察を受けた時には『なんだ病気なんかして。まりちゃんのほうが僕よりずっと若いじゃないか』と励ましてくださいました。施設にも子どもたちの絵を見に来たり、一緒に歌ったりと温かく触れ合ってくださいました。どちらかが死んだら残ったほうでお葬式をしようとお互いに言い合っていました。今はとにかくそばに行きたい気持ちです」と話していました。

神奈川県知事「命の大切さを教えてもらった」

日野原重明さんと共同で本を書くなどの交流がある神奈川県の黒岩祐治知事は、NHKの取材に対し「今聞いて驚きました。ほんとに最後の最後まで元気に活躍していて生きる理想の姿だったと思います。命の大切さや生きることのすばらしさを教えてもらいました」と話していました。

情報源:100歳すぎても現役医師 日野原重明さん死去 | NHKニュース


聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん=2016年11月1日
聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん=2016年11月1日

「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動してきた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時半、呼吸不全で死去した。105歳だった。通夜・お別れの会は関係者で行う。葬儀は29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。

1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。41年から聖路加国際病院に勤めた。同病院内科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。02年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章した。

専門は内科学。成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼んで病気の予防につなげようと1970年代から提唱してきた。旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称し、今では広く受け入れられている。

87年からは小学生を対象に「いのちの授業」を続けた。多数の著書があり、90歳で出版した「生きかた上手」がベストセラーになった。

情報源:日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長:朝日新聞デジタル


ご冥福をお祈りいたします。