イタリア トッティ現役引退 「サッカー人生の第1章終わり」 | NHKニュース

お疲れ様でした。


イタリア トッティ現役引退 「サッカー人生の第1章終わり」

サッカー元イタリア代表のフォワード、フランチェスコ・トッティ選手が現役を引退し、所属していたローマのディレクターに就任することになりました。

これは17日、ローマが公式サイトで発表しました。

それによりますと、トッティ選手は「サッカー選手としての私の人生の第1章は終わった。これからはディレクターとして重要な任務に就く。ピッチ上で示したようにディレクターとしてもいい影響を与えたい」と述べ、現役引退を表明しました。

トッティ選手は2006年のワールドカップドイツ大会のイタリアの優勝メンバーで、長年エースナンバーの10番をつけて活躍してきました。

イタリア1部リーグのローマでは昨シーズン退団するまで24年間在籍していて、退団後はJ2の東京ヴェルディが獲得を目指すなど去就に注目が集まっていました。

情報源: イタリア トッティ現役引退 「サッカー人生の第1章終わり」 | NHKニュース

ふむ・・・