【球界ここだけの話(968)】広島・新井、球宴セレモニーでユニホームを間違える“特大ホームラン”「やっちまったな」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

これな。


ビジター用のユニホームを着るはずが…1人だけホーム用のユニホームを着用した広島・新井貴浩(中央)は苦笑い
ビジター用のユニホームを着るはずが…1人だけホーム用のユニホームを着用した広島・新井貴浩(中央)は苦笑い

“天然”で主役をかっさらった。全セ・新井貴浩内野手(40)=広島=が前日15日、球宴2戦目のセレモニーでユニホームを間違えるハプニング!? 試合後、思わず頭をかいた。

「全然、気づいていなかったよ。ロッカーではキク(菊池)は気づいていたみたいだけど、いってくれなかったね。公の場で(ユニホームを間違えたこと)は初めて。やっちまったな」

試合前の選手紹介。2戦目はパのホームゲームだったため、カープはビジター用の「赤」のユニホームにもかかわらず、ホーム用の「白」のユニホームで登場した。ハイタッチのときに腹を抱えて笑うカープナインにファンも気づいて、大きな騒ぎとなった。

直後、ファンはユニホーム事件の“犯人”を推理。オールスター前の会見で「新井さんが絶対、MVPをとれるようにアシストしたいです。入りから終わりまで」とサポート予告していたある男が疑われたが…。菊池は「ぼくじゃないです。ビックリしました」とキッパリ。ロッカールームで新井がユニホームを間違えていることに一部の選手が気づいて、話題となっていたものの「みんなで『シ~(本人に伝えずに黙っておこう)』となった」という。

セレモニーで“特大ホームラン”を放った先輩について菊池は、「裏のMVPですね。ぼく的には満足です」とにやりと笑った。

その後、ベンチ裏でこっそりビジター用のユニホームに着替えた新井はハッスル。七回一死一塁で代打として登場すると二木(ロッテ)の初球スライダーに空振り。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督氏ばりのヘルメットを飛ばすフルスイングを披露した。八回の守備では強風にあおられた飛球をよろけて捕球するなど、全力プレーでスタンドを沸かせた。

「こういう形でもファンの方に喜んでもらえてよかったよ」。1987年の衣笠祥雄氏以来の40歳球宴本塁打、そして球団史上最年長MVPはならなかったが、主役になった新井。つかの間の休息を経て、17日から2位・阪神と甲子園で3連戦を戦う。(柏村翔)

情報源: 【球界ここだけの話(968)】広島・新井、球宴セレモニーでユニホームを間違える“特大ホームラン”「やっちまったな」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

HAHAHA!!!