タムロン、大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」を発売

ふむ・・・


タムロンは6月30日、35mm判フルサイズセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラに対応した、大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)」を発表した。キヤノン用を9月2日から、ニコン用を8月2日から発売する。価格は150,000円(税別)。

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

焦点距離24~70mm(35mm判換算)をカバーする大口径標準ズームレンズ。風景、ポートレート、報道など、多彩な撮影シーンで活用できる。

レンズ構成は12群17枚で、XRレンズ2枚、LDレンズ3枚、GMレンズ3枚、複合非球面レンズ1枚を使用。軸上色収差、倍率色収差、球面収差、歪曲収差といった諸収差を良好に補正する。より透過率の高い硝材を採用することで、優れた色の再現性と描写性能も達成したという。独自のeBANDコーティングとBBARコーティングにより、逆光時でのゴーストやフレアも抑制する。

制御システムは新たに「デュアル MPU」を採用。手ブレ補正機構「VC」専用のMPUを搭載することで、クラス最高となる5段階の手ブレ補正効果が得られる。また、DSPブロック内蔵MPUとすることで、AFでのピント合わせやAFスピードも精密かつ高速化した。

最前面のレンズには撥水性・撥油性にすぐれたフッ素化合物による防汚コートを採用。レンズ表面に付着した汚れがふき取りやすい。レンズ鏡筒の可動部と接合部の各所に防滴用のシーリングを施し、レンズ内部に水滴が浸入するのを防ぐ簡易防滴構造を採用する。不意なフードの外れを防止するフードロック機構も搭載。主な仕様は以下の通り。

・焦点距離 : 24-70mm ・絞り開放値 : F2.8 ・絞り羽根 : 9枚(円形絞り) ・レンズ構成 : 12群17枚 ・最短撮影距離 : 0.38m ・最大撮影倍率 : 1:5 ・フィルター径 : 82mm ・本体サイズ : 長さ111mm(キヤノン用) / 108.5mm(ニコン用)、最大径88.4mm ・重さ : 905g(キヤノン用)、900g(ニコン用)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

情報源:タムロン、フルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8」 | マイナビニュース


株式会社タムロンは、「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」(Model A032)のニコン用を8月2日に、キヤノン用を9月2日に発売する。希望小売価格は税別15万円。

35mmフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ。2012年に発表・発売した「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD」(Model A007)の後継モデルとなる。35mmフルサイズ対応の24-70mm F2.8レンズとして最高レベルという、シャッタースピード5段分の手ブレ補正効果を実現した。

新たに採用した「デュアルMPU」で、AF精度・速度を向上。通常はひとつのMPU(マイクロプロセッサ)でAFと手ブレ補正の制御を行うところ、本レンズでは2つのマイクロプロセッサで分担しているという。

また、従来モデルにはなかったナノテクノロジーのeBANDコーティングや、レンズ前面への防汚コートを採用。フードのロック機構も備えた。鏡筒は簡易防滴構造。

コーティングなどを除いたレンズ構成は従来モデルを継承。最短撮影距離は0.38m。フィルター径は82mm。絞り羽根は9枚(円形絞り)。ニコン用も電磁絞りを採用。

最大径は88.4mm。全長と重量は111mm・905g(キヤノン用)、108.5mm・900g(ニコン用)。

別売アクセサリー「TAP-in-Console」との組み合わせで、ピント位置の微調整、手ブレ補正のモード選択などをパソコンから行える。

関連リンク

情報源:タムロン、大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」を発売 – デジカメ Watch


新製品発表SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032) – TAMRON LENS BLOG

クラストップレベルの高性能・高画質を達成SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)を発売 | 株式会社タムロン


 

ほぉ・・・