広島・バティスタ、衝撃デビューに他球団歯ぎしり 「今からでも30発は打てる力はある」:イザ!

さすがに、今日は無理だったな。


目下1軍では2打席2本塁打。とんでもないパワーだ

衝撃のデビューだ。3日に育成枠から支配下登録された広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が同日のロッテ戦(マツダ)でプロ初打席を代打本塁打で飾ったのに続き、4日の同カードでも代打2号2ラン。プロ初打席から代打で2打席連続本塁打は、1984年の阪急・村上信一以来史上2人目だ。

ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、昨年3月に育成契約し、今季はウエスタン・リーグで打率・363、14本塁打、38打点と3部門でトップ。ある広島OBが「ファームにとんでもない選手がおった。早く支配下登録しないと、阪神あたりに取られるぞ」と心配していたほど。

そんな声が上がり始めた矢先に広島は破格の6年契約ながら、契約金1120万円、年俸520万円プラス出来高払いの超格安で支配下契約。それこそ大砲不在の阪神などは、億単位を出してもほしいはずの逸材だ。

他球団の編成担当は「今からでも30発は打てる力はある。どのチームも欲しがっていたが、カープアカデミー出身で代理人がいないので手の出しようがなかった」と歯ぎしりするばかりだ。

情報源: 広島・バティスタ、衝撃デビューに他球団歯ぎしり 「今からでも30発は打てる力はある」:イザ!

ふむ・・・