「南シナ海で石油採掘なら戦争」習主席に警告された | NHKニュース

知らんがな。


フィリピンのドゥテルテ大統領は、中国で行った習近平国家主席との会談でフィリピンが南シナ海で資源開発を行う考えを伝えたところ、習主席から「無理に進めれば戦争になる」と警告されたと述べ、南シナ海をめぐる問題で緊迫したやり取りになったと明かすことで、中国に譲歩しているという批判に反論する狙いがあると見られます。

フィリピンのドゥテルテ大統領は、19日、地元である南部の都市ダバオでの演説で、今月15日に北京で行った中国の習近平国家主席との会談について言及しました。

この中で、大統領は、「私が、『南シナ海はわれわれのものであり、石油採掘を行うつもりだ』と伝えたところ、習主席は、『その話を無理に進めれば戦争になる』と答えた」と述べました。

大統領は、自国のインフラ整備などで中国から経済支援を得るために、領有権争いが続く南シナ海をめぐる問題で配慮する姿勢を繰り返し示していますが、国内からは中国に譲歩しているという批判もあがっています。

このため、大統領としては、首脳会談において南シナ海をめぐる問題で主権を主張し、緊迫したやり取りになったと明かすことで、国内の批判に反論する狙いがあると見られます。

情報源: 「南シナ海で石油採掘なら戦争」習主席に警告された | NHKニュース

へぇ・・・