テロ等準備罪新設法案 衆院法務委で修正のうえ可決

ふむ・・・


テロ準備罪法案を賛成多数で可決した衆院法務委員会(19日午後1時13分、国会で)=青山謙太郎撮影

組織犯罪処罰法改正案(テロ準備罪法案)の修正案は19日午後、衆院法務委員会で自民、公明、日本維新の会の3党の賛成多数で可決された。

与党は23日の衆院本会議で可決し、参院に送付したい考えだ。

衆院法務委は19日午前9時から同法案の質疑を行った。民進党など野党は採決に反発してきたが、与党は同日午後に質疑が終了した後、採決に踏み切った。

同法案は、組織的犯罪集団の構成員らが2人以上で重大犯罪を計画し、このうち少なくとも1人が準備行為を行えば、計画した者全員を処罰するテロ等準備罪を創設するもの。犯罪集団の関与が想定される277の罪が対象になる。

修正案は自民、公明、維新の3党が提出した。テロ等準備罪の「捜査の適正の確保」への配慮規定を法案の本則に追加するほか、容疑者の取り調べの可視化(録音・録画)の義務化を検討する規定を付則に加えることが柱だ。

情報源:テロ準備罪法案、衆院委で可決…採決に野党反発 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案は、衆議院法務委員会で、民進党や共産党などが抗議するなか採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、修正のうえ、可決されました。

共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案をめぐって、19日朝の衆議院法務委員会の理事会で、与党側は「審議は尽くされた」として、19日の質疑終了後に採決を行うことを提案したのに対し、民進党と共産党は、「安倍総理大臣に対する質疑も不十分であり、採決は認められない」と主張しました。

このあと、衆議院法務委員会が開かれ、与野党各党が出席して、およそ4時間質疑が行われたあと、自民党が、質疑の終局と法案の採決を求める動議を提出し、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、動議は可決されました。

これを受けて、民進党や共産党などが、鈴木委員長を取り囲んで抗議する中採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、テロ等準備罪の取り調べの際の録音や録画の在り方を検討することなどを盛り込む、修正を行ったうえで可決されました。

与党側は、来週23日に衆議院本会議を開いて、法案を可決して、参議院に送りたい考えですが、野党側は「問題点を隠すための強行採決は無効だ」と主張するなど、廃案に追い込みたい考えで、法案の衆議院通過をめぐる与野党の攻防は山場を迎えます。

金田法相「努力重ね誠実に対応してきた」

金田法務大臣は記者団に対し、「国会での議論の進め方は、法務委員長にお任せするしかない。党派を超えて理解していただくことが大切だと思っているが、努力は重ねてきたつもりだし、誠実に対応してきた。法案はテロ対策はもちろん、国民の安全と安心を維持するために重要なものであり、1人でも多くの理解を得られるように頑張りたい」と述べました。

衆院法務委 自民 鈴木委員長「しっかり議論した」

衆議院法務委員会の自民党の鈴木淳司委員長は記者団に対し、「残念ながら、こうした形の採決となったが、しっかりと審議はしたし、金田法務大臣もしっかり答弁されていた。参議院でも国民に理解されるよう、十分議論してもらいたい」と述べました。

民進 逢坂氏「やり直し求めたい」

野党側の筆頭理事を務める、民進党の逢坂誠二氏は記者団に対し、「言語道断で認めるわけにはいかない。われわれは採決をしないと確約しなければ、委員会を開くことすら、まかりならないと言ってきたのに、抜き打ちのような、だまし討ちのような採決であり、やり直しを求めたい」と述べました。

情報源: テロ等準備罪新設法案 衆院法務委で修正のうえ可決 | NHKニュース


共謀罪:衆院法務委で可決 与党側が採決強行


正常に運用されることを願う。