「今しか見ることができない光景見て」熊本城天守閣の工事を公開 熊本市

ほぉ・・・


熊本市は19日、熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の復旧工事を報道陣に公開した。市が復興のシンボルとして復旧を急ぐ天守閣はシートで覆われ、足場が組まれるなど解体に向けた作業が進んでいた。

2019年中に元の姿に戻す予定で、復旧の過程を市民や観光客に見てもらおうと落下物防止用のシートは透明性が高いものを使った。市の担当者は「今しか見ることができない光景を見に来てほしい」としている。

市によると、天守閣で解体の対象となったのは、高さ約30メートルの大天守(地上6階、地下1階)の最上部のほか、出口部分の付櫓(つけやぐら)と小天守1階の一部。大天守の解体は22日から始め、8月から再構築に乗り出す。付櫓は既に解体を終えた。

辛うじて残った石垣部分に支えられ倒壊を免れた「飯田丸五階櫓」の工事も進んでおり、崩落した石垣の回収作業が行われていた。

市は37年ごろまでの城全体の復旧を目指している。〔共同〕

情報源:熊本城天守閣の復旧工事、報道陣に公開  :日本経済新聞


一連の熊本地震で大きな被害を受け、本格的な復旧工事が始まっている熊本城で、天守閣の最上階など一部を解体する工事の様子が19日報道陣に公開されました。

地震で大きな被害を受けた熊本城の天守閣について、熊本市は当初、建物を修復して保存する方針を示していましたが、その後の調査で屋根を支える柱などにひびが入っていることがわかり、先月、天守閣の一部を解体して新たに造り直す方針を明らかにしました。

工事では2つの建物が並ぶ天守閣のうち、大天守の最上階の6階部分と入口部分、それに小天守の1階部分の合わせて3か所を解体して造り直す計画で、19日は作業員がクレーンなどを使って工事の足場を組む様子が公開されました。

天守閣の大天守は、資材などが落下するのを防ぐための工事用シートで覆われていますが透明性の高い素材が使われ、工事中でも、市街地から大天守を見ることができるよう工夫されています。
天守閣の復旧工事は2年後に完了する計画です。

熊本市の熊本城総合事務所の城戸秀一主査は「今しか見られない熊本城が復旧していく様子を楽しんでいただきたい」と話していました。

情報源:熊本城 天守閣の復旧工事を公開 | NHKニュース


シートで覆われ解体に向けた作業が進む熊本城天守閣の大天守。右は小天守=19日午前

熊本市は19日、熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の復旧工事を報道陣に公開した。市が復興のシンボルとして復旧を急ぐ天守閣はシートで覆われ、足場が組まれるなど解体に向けた作業が進んでいた。

平成31年中に元の姿に戻す予定で、復旧の過程を市民や観光客に見てもらおうと落下物防止用のシートは透明性が高いものを使った。市の担当者は「今しか見ることができない光景を見に来てほしい」としている。

市によると、天守閣で解体するのは、高さ約30メートルの大天守(地上6階、地下1階)の最上部のほか、出口部分の付櫓と小天守1階の一部。

市は49年ごろまでに城全体の復旧を目指している。

シートで覆われ解体に向けた作業が進む熊本城天守閣の大天守=19日午前

情報源: 「今しか見ることができない光景見て」熊本城天守閣の工事を公開 熊本市 – 産経WEST


へぇ・・・