学校史などの切り取り被害 27都道府県64図書館で | NHKニュース

模倣犯か愉快犯か・・・


各地の図書館で学校史などのページが切り取られるなどの被害が相次いでいることを受け、日本図書館協会が緊急調査を行った結果、被害は少なくとも27の都道府県の合わせて64の図書館で、およそ2500ページに上ることがわかりました。

各地の図書館で、小中学校や高校の歴史をまとめた学校史や記念誌から、クラスの集合写真や学校行事の写真などが切り取られたり破られたりする被害が相次いでいます。

日本図書館協会では、先週から全国の公立の図書館を対象に、緊急の調査を行い、19日に結果を公表しました。

それによりますと、被害の回答が寄せられたのは、北海道から九州まで少なくとも27の都道府県の64の図書館に上っています。
被害は、愛知県が最も多く94冊、次いで福井県が93冊、石川県が29冊、山形県が24冊など、全国で合わせて355冊、2482ページに上っています。

被害があった図書館の中には、一般の人が立ち入れない場所に本を移したり、館内の巡回を増やしたりするなどの対策をとったところもあります。

協会では、誰がどのような目的で切り取ったかはわからないとしていますが、今回の事態を受けて声明文を発表し、学校史などは地域の歴史を知る貴重な資料だとして大切にするよう呼びかけました。

森茜理事長は「半数以上の都道府県で被害が確認されショックを受けている。子どもたちの写真が被害にあっていて大変心配している」と話しています。

情報源: 学校史などの切り取り被害 27都道府県64図書館で | NHKニュース

何がしたいんだ。