安倍首相の友人が理事長、加計学園の文書公表再要求 – 社会 : 日刊スポーツ

ふむ・・・


北村直人元衆院議員の実名が記載された記録文書(共同)

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡り、民進党のプロジェクトチーム(PT)は18日、会合を開き、文部科学省に文書の公表を改めて求めた。

内閣府の担当者は首相の意向を伝えたとする文書の内容を否定。一方、別の文書で文科省の職員と連絡を取ったとして、実名で登場する元衆院議員の北村直人・日本獣医師会顧問は取材に「(自分が登場する)文書に書かれた内容はほぼ事実だ」と話した。民進党が入手した複数ある記録文書の中で、内容を認める証言は初めて。

民進党は批判を強め、蓮舫代表が記者会見で「官僚による究極の忖度(そんたく)があったならば、内閣総辞職に値する内容だ」と強調した。PTは19日に愛媛県今治市の獣医学部建設予定地を視察する。

菅義偉官房長官は会見で首相の意向とする文書の内容を重ねて否定した。

加計学園は政府の国家戦略特区制度を活用し、今治市に岡山理科大の獣医学部新設を計画。記録文書の中で、文科省が内閣府とのやりとりを記録したとされるものには、「(早期の開学は)総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っていること」などと記載されていた。

PT会合に出席した文科省の松尾泰樹大臣官房審議官は17日に続き「文書の存否を確認している」、内閣府の塩見英之参事官も「(文科省との)会議があったかどうかも確認が取れていない」と述べるにとどまった。

衆院農林水産委では、国家戦略特区を担当する内閣府の藤原豊審議官が「内閣府として『総理のご意向だと聞いている』などと申し上げたことは一切ない」と文書の内容を否定し、学部新設にも「首相の指示などは一切ない」と説明した。

一方、別の文書に実名で登場する北村氏は取材に「(自分が登場する)文書に書かれていることは事実だ」と話した。文書には北村氏の発言として「政治パーティーで山本(幸三)国家戦略特区担当大臣と会って話をした」などと書かれていた。

視察を予定しているのは、PT共同座長を務める桜井充・元政調会長ら5人。今治市は加計学園に所有地を建設予定地として無償譲渡し、施設整備費96億円を助成することを決めている。(共同)

情報源: 安倍首相の友人が理事長、加計学園の文書公表再要求 – 社会 : 日刊スポーツ

えぇ・・・