全身真っ白 珍しいカラスを捕獲 京都 | NHKニュース

アルビノか。


18日午後、京都府南部の和束町の水田で全身が真っ白な珍しいカラスが捕獲されました。

18日午後4時20分ごろ、京都府和束町白栖の水田で「羽をばたつかせている白い鳥がいる」と通りかかった人から町に連絡がありました。

連絡を受けた町の職員が捕獲したところ、体長35センチほどのカラスで、羽だけでなく、くちばしから足まで全身が真っ白でした。けがをしている様子はなく、羽をばたつかせて大きな声で鳴いていますが、飛び上がることはないということです。

町は、生まれつき色素が少ない「アルビノ」と呼ばれる突然変異のカラスと見て、18日夜は水を与えるなどして様子を見て、19日にも山に逃がすことにしています。

白いカラスを捕獲した和束町農村振興課の宮嶋靖典係長は「白いハトかと思って近寄ったら白いカラスでした。この町で白いカラスが見つかったという話は聞いたことがなく、びっくりしました」と話していました。

情報源: 全身真っ白 珍しいカラスを捕獲 京都 | NHKニュース

ギリシャ神話では元は白だったとかイソップ物語では白く染めたとかあるけど。