韓国の調査船 竹島周辺の日本の領海に一時入る

またか。


政府は17日、韓国の海洋調査船「Hae Yang 2000」が竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、日本の同意を得ずに海洋調査を行っていることを確認した。政府は韓国の外務省と在日本大使館に強く抗議し、即時中止を求めた。

韓国の文在寅大統領が10日に就任して以降、韓国が竹島周辺の日本のEEZ内で海洋調査を行っているのを日本政府が確認したのは初めて。文氏は昨年7月、竹島に上陸している。

日本外務省によると、韓国海洋調査船は竹島の西方海域で、ワイヤのようなものを海中に投下したという。日本側の抗議に対し、韓国側は事実関係を確認する意向を示している。

韓国は昨年4月、10年ぶりに竹島周辺海域で日本の同意なしに海洋調査を実施した。同年6月も同様の調査を行った。

情報源:韓国が竹島周辺で海洋調査 日本政府抗議、中止を要求 – 産経ニュース


17日午後、島根県の竹島周辺の日本の排他的経済水域で海洋調査と見られる活動を行っていた韓国の海洋調査船が、その後、竹島の西の日本の領海に一時入ったのが確認され、海上保安本部は再び領海に近づかないよう監視を続けています。

この船は、韓国国立海洋調査院所属の海洋調査船「Hae Yang 2000」で、外務省によりますと、17日午後1時半ごろ、島根県の竹島の西方およそ40キロの日本の排他的経済水域で、ワイヤーのようなものを海中に投入しているのを海上保安庁の巡視船が確認しました。

第8管区海上保安本部によりますと、巡視船が「同意のない調査活動は認められない」と中止を申し入れましたが韓国船は活動を続け、およそ5時間半後の17日午後7時すぎ、ワイヤーのようなものを海中から引き揚げたあと、竹島の西およそ12キロの日本の領海に入ったということです。

海上保安本部によりますと、この船は全長89メートル、総トン数が2533トンで、18日午前1時半には日本の領海内にとどまっているのが確認されましたが、午前5時現在、領海から出て日本の排他的経済水域を航行しているということです。

海上保安本部は、再び領海に近づかないよう監視を続けています。

情報源: 韓国の調査船 竹島周辺の日本の領海に一時入る | NHKニュース


いい加減、国は本腰入れて排除活動しろよ。