北朝鮮 化学兵器原料の特許申請 安保理決議違反の可能性も | NHKニュース

これな・・・


国連の安全保障理事会は、北朝鮮の何者かがおととし、化学兵器の原料になりうる化学物質の製造に関する特許を国連の専門機関に申請していたことは、大量破壊兵器計画の放棄を定めた安保理決議に違反している可能性があるとして調査を始めました。

おととし11月、北朝鮮の何者かが、シアン化ナトリウムの製造法について、国連の専門機関、WIPO=世界知的所有権機関に特許を申請しましたが、認められませんでした。

シアン化ナトリウムは金属のメッキ加工などによく使われますが、化学兵器の原料にもなります。

国連外交筋は、北朝鮮に対する制裁決議の履行状況を調べる安全保障理事会の制裁パネルが、北朝鮮は核・ミサイル開発以外にも大量破壊兵器計画の放棄を定めた安保理決議に違反している可能性があるとして、事実関係の調査を始めたことを明らかにしました。

また、安保理の制裁パネルは、WIPOに対して調査への協力と北朝鮮からの特許の申請を慎重に扱うよう要請することにしています。

北朝鮮をめぐっては、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄のキム・ジョンナム(金正男)氏がことし2月、マレーシアの空港で猛毒のVXによって殺害される事件が起き、化学兵器の開発がどの程度進んでいるのか国際社会の懸念が深まっています。

情報源: 北朝鮮 化学兵器原料の特許申請 安保理決議違反の可能性も | NHKニュース

北朝鮮が神経ガス原料の特許出願 国連の特許機関に:イザ!

ふむ。