日本の皇族眞子さま 一般人との結婚後に皇籍離脱 – BBCニュース

へぇ、離脱するんだ。


眞子さまは天皇陛下の一番年上の孫娘だ
日本の皇族の1人で秋篠宮家の長女、眞子さま(25)が一般人との結婚を機に皇族の身分を離れることになる。天皇陛下(83)の孫娘の眞子さまは法律事務所に勤務する小室圭さん(25)と婚約される。二人は大学在学中に知り合った。

日本の皇室典範では、女性皇族が一般人と結婚すると、皇族の身分を離れることを定めている。
日本の報道機関が最初に報じた今回の婚約により、ますます縮小していく皇族をめぐる議論が再燃するとみられる。

眞子さまと小室さんは2012年に東京の国際基督教大学在学中に知り合った。

小室さんはかつて神奈川県藤沢市で「海の王子」として観光PRに携わったことがある。

小室さんは17日に婚約の予定について尋ねられると、「今は何かを申し上げる時期ではございませんので、またしかるべき時期がきましたらお話しさせていただきます」と語った。

宮内庁は米CNNに対し、眞子さまの婚約の準備が進んでいることことを確認した。

天皇陛下は昨年8月に退位の意向についてほのめかし、高齢により業務に支障が出る可能性について述べられている。

日本では現在、天皇の譲位を可能にする法律の改正が検討されている。

天皇の譲位は過去200年間なく、法律でも現在、譲位は許されておらず、新たな法案でも男系継承の法律は引き続き残すとみられている。

ロイター通信によると菅義偉官房長官は、「引き続き安定的な皇位継承を検討していく考えに変わりはない」と語った。

天皇の皇位継承権を持つのは、天皇陛下の息子の皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さま(秋篠宮さまの長男)と、天皇陛下の弟の常陸宮さまの4人のみ。

(英語記事 Japan monarchy: Princess Mako to lose royal status by marrying commoner)

情報源: 日本の皇族眞子さま 一般人との結婚後に皇籍離脱 – BBCニュース

ふむ。