偽保険証で5000万円詐取か 口座作りローン利用 容疑の女逮捕 (千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース

ハァ・・・?


偽造した健康保険証の写しを使って銀行口座を開設し、ローン融資名目で現金を詐取したとして、千葉県警組織犯罪対策課と千葉西署などの合同捜査班は17日、有印私文書偽造・同行使、電子計算機使用詐欺などの疑いで東京都豊島区目白2、会社役員、赤塚史子容疑者(57)を逮捕し、千葉地検に送検したと発表した。赤塚容疑者は同様の手口で約5千万円をだまし取っていたとみられ、県警は裏付け捜査を進めている。

逮捕容疑は、偽造した架空の健康保険証の写しを使って2014年11月22日ごろ、口座開設申込書を偽造して都内の銀行に郵送し、キャッシュカード1枚を詐取。不正に開設した口座を使い、昨年1月21日~同2月9日、4回にわたりパソコンなどを用いローン融資名目で計298万円を不法に得た疑い。

同課によると、赤塚容疑者は株取引での損失を補てんするため、同様の手口で約10年間、自転車操業的に犯行を繰り返していたとみられる。赤塚容疑者は容疑を認め「お金が欲しかった」などと供述している。

赤塚容疑者は都内で実態のない会社の代表。インターネット上で実在する団体の角印などを入手して申込書に貼り付けて印刷。氏名や年齢、住所などは架空の内容を記載していたが、電話番号は自身が使うことができる実在する番号を記載。本人確認のための電話を自分で受けて回答し、相手を信じ込ませていたという。

県警は17名義26枚のクレジットカードや50名義51枚のキャッシュカード、30名義34冊の通帳などを押収している。

県警は昨年6月、偽造した健康保険証でクレジットカードを作りブランド品などを購入したとして、詐欺などの容疑で松戸市内の無職男(51)=同罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決=ら2人を逮捕しており、調べの中で赤塚容疑者が浮上した。

情報源: 偽保険証で5000万円詐取か 口座作りローン利用 容疑の女逮捕 (千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース

なんだかなぁ・・・