朝日新聞の加計学園報道、菅義偉官房長官が否定 「そのような事実はない」

ハァ・・・


安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園(岡山市)の獣医学部開設計画を巡り、民進党は17日、文部科学省が国家戦略特区を担当する内閣府から「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする文書を入手したことを明らかにした。衆院文科委員会で、玉木雄一郎氏が述べた。

菅義偉官房長官は記者会見で事実関係を否定し「誰が書いたか分からない。こんな意味不明のものについて、いちいち政府が答えることはない」と述べた。開設計画を巡って安倍首相は、国会で「(理事長から)相談があったことや圧力をかけたことは一切ない」と答弁している。

これに対し、民進党の蓮舫代表は17日の参院議員総会で「首相のお友達だけに特別の配慮がなされていた疑惑は深まった。この問題を明らかにしていく」と述べた。

衆院文科委で松野博一文科相は玉木氏の質問に対し、文書の内容について「国家戦略特区に関する対応に向けた文書は、作成された可能性はあると思う」「確認させてほしい」と述べるにとどめた。

玉木氏は、獣医学部の開設時期について「(内閣府は)平成30(2018)年4月の開学に向け、全部逆算でやろうとしている」と指摘した。玉木氏によると、文書で文科省側は「30年4月は早い。無理だと思う」と考えていたことを記録。松野氏は「平成31年4月の開学を目指した対応とすべきではないか」と指示し、1年遅らせるよう求めたとの記載もあった。

松野氏は委員会の答弁で「大学の設置認可は、審議会で専門的議論の下に進められるべきものだ」と説明。「国家戦略特区で(あって)も、審議会で認められる場合も、認められない場合もある。設置時期をあらかじめ提示、書き込むようなことは審議会との関係においてどうなのかと話をした記憶がある」と述べた。

加計学園は、政府の国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市に岡山理科大の獣医学部の新設を計画。今治市は、学園に対し、所有地を建設予定地として無償譲渡し、施設整備費96億円を助成することを決めた。

加計学園は「文書については全く知らないのでコメントのしようもない。学園は法令に従い、学部設置に必要な手続きを行ってきた」とのコメントを出した。
(2017年05月17日 14時19分 更新)

情報源:加計学園の新学部「総理の意向」 文科省から文書入手と民進党: 山陽新聞デジタル|さんデジ


安倍首相の知人が理事長をつとめる学校法人「加計学園」が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が内閣府から早期の対応を求められたという内容の記録文書を作成していたことがわかったそうだ。これは朝日新聞独自のニュースで、今朝(2017年5月17日)の一面記事で伝えているという。

文書は昨年(2016年)9~10月に作成され、文部科学省関係者もホンモノだと認めているという。文書によると、内閣府側は「(獣医学部の早期開設は)官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと文科省側に説明したそうだ。

加計学園問題では、野党が「首相の友人が利益を受けている」などと国会で追及してきたが、安倍首相は「圧力が働いたことは一切ない」などと関与を否定しているという。

認可手続きに文科相が疑問

「これは非常に重要なニュースで、真偽を確認する必要があると思います」「いま文科省が(加計学園の獣医学部)開設が適切かどうか、認可の手続きをしているなか、松野文科相がこの(早い)ペースで開設できるのかと疑問を持ったわけですね。その疑問に対して、内閣府から『総理の意向だ』との答えがあった。松野大臣は、なぜこういう疑問を持ったのか、その疑問をどう解消したのかは説明していただく必要がある」(「あさチャン!」コメンテーターの龍崎孝・流通経済大教授)

情報源:「加計学園」の学部新設計画に内閣府動いていた!文部科学省に「総理のご意向」の記録文書 : J-CASTテレビウォッチ


菅義偉(すがよしひで)官房長官は17日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」(岡山市)の国家戦略特区への獣医学部新設計画をめぐり、内閣府から「首相の意向」などと伝えられたとする記録を、文部科学省が文書に残していたとする一部報道記事に関し「そのような事実はない」と否定した。記事は、朝日新聞が同日付朝刊で伝えた。

菅氏は事実関係について「内閣府に確認したところ、関係省庁と事務的な議論をしていることは事実だが、その中で『官邸の最高レベルが言っている』だとか『首相のご意向と聞いている』といったことは全くなく、首相からも一切指示はない」と述べた。

菅氏はまた、文書は「作成日時や作成部局が明確になっていない。通常、役所の文書というのはそういうものではない」と疑問を呈し、松野博一文科相が朝日新聞の報道内容を調査している経緯を明らかにした。

情報源:朝日新聞の加計学園報道、菅義偉官房長官が否定 「そのような事実はない」 – 産経ニュース


安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐり、民進党は17日、文部科学省が国家戦略特区を担当する内閣府から「総理のご意向だと聞いている」と言われていたとする文書を残していたと明らかにした。

17日の衆院文部科学委員会で民進党の玉木雄一郎幹事長代理が指摘した。玉木氏によると、文書には2018年4月とする獣医学部の設置時期について「最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでおり、総理のご意向だと聞いている」との内容が記されていた。松野博一文科相は答弁で、記録文書の存在について「現状は確認していない」と述べた。

菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、事実関係を否定し「首相は一切指示をしていない」と強調した。そのうえで「作成日時や作成部局が明確になっていない。通常、役所の文書でそういう文書はない」と指摘。「誰が書いたか分からない。こんな意味不明のものについて、いちいち政府が答えることはない」と語った。

民進党の蓮舫代表は17日午前、党参院議員総会で「(首相の)周りが忖度(そんたく)をしている事実が、次々に明らかになってきた。衆参一体で緊急に会合を開き、さらなる調査を深めていく。改めて首相のお友達だけに特別の配慮がなされていたという疑惑は深まった」と批判した。

情報源:「新学部、首相の意向」文科省に文書 加計学園計画、民進指摘  :日本経済新聞


衆議院文部科学委員会で、愛媛県今治市での大学の獣医学部の新設をめぐって、民進党の議員が、「文部科学省が、内閣府から『総理の意向だと聞いている』と伝えられたなどとする文書を作成しているのではないか」と指摘しました。松野文部科学大臣は、事実関係を確認する考えを示すとともに、安倍総理大臣から指示は受けていないと強調しました。

国家戦略特区に指定された愛媛県今治市に、学校法人「加計学園」の運営する大学が新設する方針の獣医学部をめぐっては、文部科学省の審議会が、実際に設置を認めるかどうか、先月から審査を行っています。

これに関連して、17日の衆議院文部科学委員会で、民進党の玉木幹事長代理は、「文部科学省が、内閣府から『総理の意向だと聞いている』などと言われたことを記した文書を作成したと報じられている。
私も手元に持っており、かなりの事が書かれているが、こうした文書が現に存在するのか」とただしました。

これに対し、松野文部科学大臣は、「国家戦略特区への対応に向けた文書が作成された可能性はある。具体的にどういった趣旨で、どういった経緯のものか、確認したい」と述べ、事実関係を確認する考えを示しました。

また松野大臣は、「官邸や総理から直接の指示があったのかと言えば、指示は全くなく、内閣府を通して、官邸等の意向があると私のほうに報告があったこともない」と述べました。

官房長官「いちいち政府として答えることではない」

菅官房長官は午前の記者会見で、「内閣府に確認したところ、関係省庁と進め方などについて事務的な議論をしていることは事実だが、その中で『官邸の最高レベルが言っている』だとか、『総理のご意向だと聞いている』としたことを内閣府側が言ったことはまったくなく、安倍総理大臣からも一切指示はないということだ」と述べました。

そのうえで菅官房長官は、「文書がどういう文書か、作成日時や作成部局が明確になっていない。通常、役所の文章はそういうものではない。誰が書いたかわからない、意味不明なものについて、いちいち政府として答えるようなことではない」と述べました。

民進 蓮舫代表「そんたくの事実 明らかに」

民進党の蓮舫代表は、党の参議院議員総会で、「『知らぬは総理ばかりなり』。安倍総理大臣は、『自分は関与していない』とずっと言ってきたが、周りがそんたくをしている事実が、明らかになった。安倍総理大臣や夫人のお友達だけに特別の配慮がなされていたという疑惑は深まった。衆参一体となって、この問題を明らかにしていく」と述べました。

民進党の笠国会対策委員長代理は記者会見で、「文部科学省は、内部文書を国会に提出し、どういう経緯があったのかを明らかにする責任がある。安倍総理大臣の今までの説明と矛盾することになり、しっかり追及をしていきたい。状況によっては、衆議院予算委員会の集中審議を求めていくことも検討したい」と述べました。

情報源:獣医学部新設「総理の意向」文書 事実関係を確認 文科相 | NHKニュース


「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」、「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題された文書=毎日新聞東京本社で2017年5月17日撮影

文科相「存在確認したい」

学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が国家戦略特区制度を活用して、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、民進党の玉木雄一郎氏は17日の衆院文部科学委員会で、文部科学省が特区を担当する内閣府から、「総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」などと言われたとする記録が存在することを明らかにした。松野博一文科相は「文書の存在を含め確認していないが、確認したい」と述べ、事実関係を調査する意向を示した。【伊澤拓也、杉本修作】

内閣府、早期開学促す

加計学園の理事長は安倍晋三首相の友人で、野党は「首相の友人が利益を受けたのではないか」と国会で追及し、安倍首相は国会で「加計学園から私に相談や圧力が働いたということは一切ない」と答弁している。

衆院文部科学委員会で、加計学園に関する記事コピーを手に松野博一文科相に質問する共産党の大平喜信衆院議員=国会内で2017年5月17日午前10時28分、手塚耕一郎撮影

衆院文部科学委員会で、加計学園に関する記事コピーを手に松野博一文科相に質問する共産党の大平喜信衆院議員=国会内で2017年5月17日午前10時28分、手塚耕一郎撮影
毎日新聞が文科省関係者から入手したA4判の文書によると、「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題された文書には「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と早期の開学を促す記述があった。

「(文科)大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書には「設置の時期については(中略)『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」と書かれていた。

また、この文書には「国家戦略特区諮問会議決定という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり」との記載もあった。

文科省関係者によると、一連の文書が作成されたのは昨年9~10月で、一部の文科省幹部で共有されたという。

獣医師系の大学は全国で16あり、国は「質の確保」を理由に大学設置や定員増を制限しており、獣医学部は北里大が青森県に開学した1966年を最後に新設されていない。

政府は昨年11月、規制緩和の一環で52年ぶりに獣医学部の新設を認める方針を決定。内閣府と文科省は今年1月、特例で1校の新設を認めるとの告示を共同で出した。事業者の公募に対して加計学園だけが申請し、文科省の大学設置・学校法人審議会で審査が進められている。


加計学園の獣医学部新設構想

岡山市の学校法人「加計学園」が運営する岡山理科大が2018年4月、政府の国家戦略特区に指定された愛媛県今治市で獣医学部の開設を目指している構想。大学用地16.7ヘクタール(約37億円相当)は市が無償譲渡し、総事業費192億円のうち最大96億円を市と県が負担する。学園理事長が安倍晋三首相の友人で、特区に応募したのが同大だけだった点などから、野党側が国会で政策決定の経緯が不自然だと追及していた。

情報源:加計学園計画:新学部は「総理の意向」文書 – 毎日新聞


「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題された文書

安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。

野党は「首相の友人が利益を受けている」などと国会で追及しているが、首相は「加計学園から私に相談があったことや圧力がはたらいたということは一切ない」などと答弁し、関与を強く否定している。

朝日新聞が入手した一連の文書には、「10/4」といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園」という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。また、文書の内容は同省の一部の幹部らで共有されているという。

情報源:加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源: 加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書:朝日新聞デジタル


こう次から次へと出てくると、中韓とか野党の政治工作にしか思えないな。