ヤマト運輸の宅配便 小口荷物で最大20%程度値上げへ

ふむ・・・


宅配便最大手のヤマト運輸は、今秋にも実施する個人客向けの基本運賃の値上げについて、値上げ幅を最大200円程度とする方針を固めた。荷物のサイズが大きいほど、値上げ額も大きくする方向で検討している。値上げ率は5~20%程度になりそうだ。28日にも発表する。

ヤマトが宅配便の基本運賃を値上げするのは、消費増税時の上乗せを除けば、1990年に平均約8%(100~110円)上げて以来27年ぶり。違法な長時間労働が常態化している宅配現場の労働環境を改善するため、増収分を社員の待遇改善などに充てる。今月13日に値上げを正式発表し、上げ幅を検討してきた。

ヤマトの基本運賃は、荷物の大きさと、発送・配達地域ごとに定められている。例えば、縦・横・高さの3辺合計が60センチ以内の荷物を関東から関西に送る場合、税込み864円。平均の値上げ額は90年より大きくなる可能性がある。一方で、再配達の増加が宅配ドライバーの長時間労働を招いていることから、再配達を利用しない場合などの割引の導入も検討している。

ただ、基本運賃が適用される荷物は全体の1割ほどで、ネット通販などの法人客には荷物量に応じた割引をしている。割引の縮小に向けた交渉も本格化させ、今秋までに合意したい考えだ。

情報源:ヤマト、5~20%値上げへ 27年ぶり、今秋にも:朝日新聞デジタル


ヤマト運輸の看板=東京都中央区(伴龍二撮影)

宅配便最大手のヤマト運輸が9月に値上げする基本運賃の引き上げ幅を最大20%程度とする方向で最終調整していることが25日、分かった。個人を含め全ての顧客が対象で、値上げは消費税増税時を除くと27年ぶり。値上げで得た資金を労働環境の改善やサービスの原資に充てることで、人手不足が深刻化する宅配サービスの維持を図る。

現在の基本運賃は荷物の発送地と届け先、大きさによって定めている。発着地が同じ地域で縦、横、高さの合計が60センチ以内、重さ2キロまでの最も小さいサイズの場合は税込み756円となっている。最終調整では小さいサイズから150~200円程度の引き上げ幅を軸としており、値上げ幅は5~20%となる計算。最も小さいサイズで900円程度とみられる。

インターネット通信販売の普及で小型荷物を中心に荷物量が急増。ヤマトが平成28年度に扱った宅配便の数は、過去最高の約18億7千万個となった。受取人不在による再配達も少なくなく、ドライバーなどの長時間労働が常態化。ヤマトは労使交渉も踏まえ、すでに再配達の受付時間の繰り上げるなどサービスの見直しを進めていた。

情報源:ヤマト値上げ幅、最大20%程度で最終調整 個人含む全顧客対象  – 産経ニュース


宅配最大手のヤマト運輸は、ネット通販による荷物の増加で人手不足が深刻化し、宅配事業が厳しくなっているとして、ことし秋に料金を全面的に値上げし個人向けの小口の荷物では最大で20%程度値上げする方向で調整を進めていることがわかりました。

ヤマト運輸はネット通販の拡大による荷物の増加で人手不足が深刻化し宅配事業が厳しくなっているとして、ことし9月に27年ぶりとなる料金の全面的な値上げに踏み切ることを決めています。

このうち個人向けの小口の荷物では、料金を150円から200円程度、率にして最大で20%程度値上げする方向で調整を進めています。

この場合、縦、横、高さの合計が60センチ以内の小さなサイズの荷物を例えば、関東から関東など、同じエリアの中で送り届ける料金は現在の756円から900円程度に上がる見込みだということです。

一方で、荷物の配達先をヤマト運輸の営業所や宅配ロッカーなどに指定した場合、料金を安くする仕組みや、再配達を減らすために1回目の配達で荷物を受け取る人への割り引きなども合わせて導入する方向で検討しています。

ヤマト運輸は、個別に契約を結んでいるネット通販会社など大口の取引先に対しても値上げの交渉を進めていて、宅配便の全面的な値上げは今後、さまざまな分野に影響を及ぼしそうです。

情報源: ヤマト運輸の宅配便 小口荷物で最大20%程度値上げへ | NHKニュース


まぁ、仕方ないよね。