マニラの日本人男性殺害事件 当初から狙った犯行か | NHKニュース

ふむ・・・


フィリピンの首都マニラで、愛知県の48歳の男性が、バイクに乗った2人組に銃で撃たれて殺害された事件で、2人組の1人が一度銃撃したあと、バイクから降りて再び男性に向けて発砲していたことが、現地の警察への取材でわかりました。警察は、当初から男性を狙った犯行と見て、詳しいいきさつなどを調べています。

フィリピンの首都マニラの幹線道路で20日夜、愛知県にあるパチンコ部品メーカーの経営者、水野成規さん(48)が、仕事で一緒にフィリピンを訪れていた、ほかの会社の日本人たちと車に乗って移動していたところ、バイクに乗った2人組に銃で撃たれて殺害されました。

その後の調べで、2人組のうちバイクの後ろに乗った1人が、水野さんを一度銃撃したあと、バイクから降りて歩いて車の反対側に回り込み、再び水野さんに向かって発砲していたことが、現地の警察への取材でわかりました。

水野さんは、マニラ近郊にあるパチンコ部品の工場を視察するために、20日にフィリピンに入国し、事件当時は、ほかの企業の日本人10数人と現場近くのレストランで食事をしたあと、ホテルに戻る途中だったということです。

現地の警察は、当初から水野さんを狙った犯行と見て、事件のあと現場から逃走した2人組の行方を捜査するとともに、何らかのトラブルがなかったかなど、詳しいいきさつを調べています。

犯行当時 監視カメラには

事件現場から100メートルほど先にある信号機に設置された監視カメラには、銃撃を受けた直後の様子が捉えられています。

映像では、現地時間の午後8時21分ごろ、その直前に2人組に銃撃された水野さんらを乗せた乗用車が画面の奥から現れ、左折レーンに入ったところで急停車します。

その直後、運転手が車から出てきて、中央分離帯を越えて、警察官の詰め所がある反対車線の先の歩道に向かって走って行きます。

およそ20秒後、水野さんと一緒に食事をしていた日本人が乗った車2台が前後を挟むようにして停車し、乗っていた人たちが次々と外へ出てきて、銃撃された車の周りに集まる様子が確認できます。

情報源: マニラの日本人男性殺害事件 当初から狙った犯行か | NHKニュース

マジかよ。