広島・高ヘッドコーチ「監督があそこまで怒るのも仕方ない」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

一塁塁審の山路は眼科に行く事をお勧めする。


7回 小窪の遊ゴロの後、山路塁審に抗議する広島・緒方監督=マツダ(撮影・鳥越瑞絵)

(セ・リーグ、広島0-4DeNA、2回戦、1勝1敗、19日、マツダ)広島は今季初の零敗を喫した。今永に1安打に抑えられて完敗。退場した緒方監督に代わって指揮を執った高ヘッドコーチは「いい投球をされたということ。(点が)取れない時もある」と淡々と振り返った。

3点を追う七回は一死一、二塁の追い上げムードをつくった。2死後、小窪の遊撃へのゴロは内野安打かと思われたが、判定はアウト。監督の猛抗議も実らず、高コーチは「あれはちょっと誰が見ても…。監督があそこまで怒るのも仕方ない」とやり切れない表情だった。

新井(一回1死一、三塁で遊ゴロ併殺打)

「あれで相手を乗せてしまった。せっかくみんながつくってくれたチャンスで申し訳ない」

小窪(七回2死一、二塁。微妙な判定で遊ゴロ)

「何とか意地を見せたかった。その前に何とかできていればよかったけど」

広島・石井打撃コーチ(1安打の打線に)

「うまくかわされた。低めに丁寧に投げられた。僕の指示も中途半端になったのかなと思う」

情報源: 広島・高ヘッドコーチ「監督があそこまで怒るのも仕方ない」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

ハァ・・・、袖の下でも貰ってるんじゃねーの?