広島 途中出場の会沢がプロ初サヨナラ打「絶対に決めてやる」/デイリースポーツ online

9回裏、3-2で負けの状態から同点に追いついて・・・


9回広島、会沢翼はサヨナラ打を放ち、笑顔を見せる=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島4-3DeNA」(18日、マツダスタジアム)

広島がサヨナラ勝ち。途中出場の会沢が中前へ殊勲の適時打を放った。

広島は1点を追う九回、DeNAの抑え、パットンを攻め、先頭の新井、鈴木、エルドレッドの3連打で同点に追いつくと、続く小窪の投前への犠打バントで1死二、三塁とし、会沢が試合を決めた。

プロ初のサヨナラ適時打に、お立ち台に上がった会沢は「最高です。最高にうれしかったです」と満面の笑み。「絶対に決めてやるという強い気持ちで打席に入りました。ひとりひとりが次につなぐという気持ちでチーム一丸となって野球ができています」と胸を張った。

DeNAは五回、高城のセーフティースクイズで先制すると梶谷、ロペスの連続適時打で3点を奪った。先発のドラフト1位左腕、浜口(神奈川大)も要所を締め、5回5安打8奪三振1失点にまとめた。

広島は野村が五回に4安打を許し、3点を奪われ逆転されたが、その後は中継ぎの薮田、中田の好投もあってDeNAに得点を許さず、打線の奮起を呼んだ。

情報源: 広島 途中出場の会沢がプロ初サヨナラ打「絶対に決めてやる」/デイリースポーツ online

曾澤のサヨナラのセンター前タイムリーヒットで4-3。