北朝鮮がミサイル発射に失敗 韓国軍発表

北朝鮮がミサイル発射に失敗か 米韓両軍が分析急ぐ | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮がミサイル発射に失敗 韓国軍発表

北朝鮮が16日朝、東部から弾道ミサイル1発を発射しましたが、直後に爆発し、失敗したと見られ、アメリカ軍と韓国軍が情報の収集と分析を急いでいます。

アメリカ太平洋軍と韓国軍の合同参謀本部によりますと、日本時間の16日午前6時21分、北朝鮮が東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から弾道ミサイル1発を発射しましたが、直後に爆発し、失敗したと見られるということです。

米韓両軍が詳しい情報を収集し、ミサイルの種類などについて分析を急いでいます。

北朝鮮は今月5日、同じシンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射し、アメリカ国防総省の当局者は、射程が1000キロに達する中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って発射は失敗した可能性が高いとしていました。

一方で、韓国軍はミサイルがSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に改良した、新型の中距離弾道ミサイル「北極星2型」である可能性もあるとの見方を示し、分析を進めていました。

北朝鮮は、先月から行われているアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に強く反発していました。また、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の祖父、キム・イルソン(金日成)主席の生誕105年だった15日、大規模な軍事パレードを行い、「北極星2型」などを初めて登場させており、武力行使も排除しない姿勢を示しているトランプ政権をけん制するため、新たな挑発に踏み切るおそれがあるとして、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

米軍「弾道ミサイル 発射直後に爆発」

アメリカ太平洋軍は日本時間16日午前6時21分、北朝鮮によるミサイルの発射と見られる動きを探知したと発表しました。太平洋軍は、弾道ミサイル1発が東部のハムギョン南道シンポ付近から発射され、発射直後に爆発したと見られるとしています。太平洋軍はミサイルの種類について現在、分析中だとしています。

トランプ大統領 報告受ける

アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は現地時間の15日、北朝鮮によるミサイル発射について報告を受けたということです。トランプ大統領は現在、南部フロリダ州の別荘に滞在していますが、NSC=国家安全保障会議のスタッフらが同行しています。

また、ペンス副大統領も訪問先の韓国に向かう専用機の機内で報告を受け、トランプ大統領と連絡をとったということです。ペンス副大統領は16日午後、韓国に到着する予定で、17日大統領の職務を代行するファン・ギョアン(黄教安)首相らと会談し、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について意見を交わすことにしています。

韓国外務省「全世界に対する脅威」

北朝鮮が16日朝、東部から弾道ミサイル1発を発射したことについて、韓国外務省のチョ・ジュンヒョク(趙俊赫)報道官はコメントを発表し、「北がきのう、軍事パレードでさまざまな攻撃用のミサイルを見せ、きょう、弾道ミサイルの発射を強行したことは、全世界に対する脅威を示したものだ」と、北朝鮮を非難しました。

そのうえで、「アメリカとの強固な防衛態勢をもとに、安全保障を揺るぎないものにしていく。仮に、核実験やICBM=大陸間弾道ミサイルを発射するなどの挑発行為を行った場合は、北が耐えられないような強い対抗措置を取る」として、北朝鮮をけん制しました。

ピョンヤンは

北朝鮮のキム・イルソン主席の生誕105年に合わせて、首都ピョンヤンに滞在しているNHKの取材班によりますと、北朝鮮の国営メディアはミサイル発射などの情報を一切伝えていません。

取材班が滞在先のホテルから確認するかぎり、15日の大規模な祝賀行事から一夜が明けて、市内は人影もまばらで平穏だということです。また、ホテルでは、ふだんどおり大勢の外国人観光客がバスに乗り込み市内見学に出る様子も見られたということです。

日本政府「直ちに影響ない」

政府は、北朝鮮が16日朝、ミサイルの発射を試みたものの失敗したと見られることから、日本の安全保障に直ちに影響が出ることはないと見ています。総理大臣官邸の危機管理センターに設置している、北朝鮮情勢に関する官邸対策室では、関係府省庁の情報を収集し、分析にあたると同時に、引き続き警戒監視に努めることにしています。

外務省関係者は、NHKの取材に対し、「報道されている内容は承知している。北朝鮮情勢については常日ごろから情報の収集や分析を行っているが、現時点で、わが国に飛来するミサイルは確認されておらず、わが国の安全保障に直接の影響を及ぼす事態が起きているとは認識していない」と話しています。

北朝鮮 最近のミサイル発射

北朝鮮は、去年2月に事実上の長距離弾道ミサイルを発射して以降、弾道ミサイルの発射を繰り返してきました。

去年、発射されたのは、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイル、それに、中距離弾道ミサイル「ノドン」や、短距離弾道ミサイル「スカッド」など、射程の異なる弾道ミサイルで、その数は20発余りに上ります。

ことしに入ってからは、2月にSLBMを地上配備型に改良した新しい中距離弾道ミサイル「北極星2型」を発射したのに続き、先月6日に、北西部のピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)付近から日本海に向けて、中距離弾道ミサイルの「スカッドER」4発を同時に発射し、北朝鮮は、在日アメリカ軍基地への攻撃を想定した訓練だと発表しました。

また、先月22日には、東部のウォンサン(元山)付近からミサイル1発の発射を試みたものの、失敗しました。

さらに、今月5日に東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射しました。このミサイルについて、アメリカ国防総省の当局者は、射程が1000キロの中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って、発射に失敗した可能性が高いとしています。

一方で、韓国軍は、ミサイルがことし2月に発射されたSLBMを地上配備型に改良した新しい中距離弾道ミサイルの可能性もあるとの見方を示し、分析を進めていました。

発射の背景にトランプ政権へのけん制か

北朝鮮が軍事パレードに続いて、16日、弾道ミサイルを発射した背景には、武力行使も排除しない姿勢を示し北朝鮮に対する圧力を強めるアメリカのトランプ政権をけん制する狙いがあったと見られます。

北朝鮮は、アメリカが先月1日からおよそ2か月間の日程で韓国と合同の軍事演習を行っていることに反発し、ことし2月、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に改良した、新しい中距離弾道ミサイル「北極星2型」を1発、先月6日に中距離弾道ミサイルの「スカッドER」4発をそれぞれ発射しました。

先月22日にも弾道ミサイル1発を発射して失敗したものの、今月5日には、今回と同じ東部のハムギョン南道シンポ付近から再び弾道ミサイル1発を発射しました。さらに北朝鮮は、15日、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の祖父、キム・イルソン主席の生誕105年にあわせてピョンヤンで軍事パレードを行い、ICBM=大陸間弾道ミサイルなど新型を含む7種類の弾道ミサイルを次々に登場させてアメリカとの対決姿勢を強調しました。

北朝鮮への対応をめぐって、アメリカのティラーソン国務長官は、今月9日に放送されたテレビインタビューで、シリアへの攻撃を引き合いに、「国際規律や合意に違反し他国への脅威となるならば対抗措置が取られるだろうということだ」と述べました。

また、アメリカ軍は、原子力空母カール・ビンソンを中心とする艦隊を朝鮮半島に近い西太平洋に向かわせるなど、北朝鮮に対する圧力を強めているほか、16日からペンス副大統領が韓国、日本などを訪問し、北朝鮮への対応を話し合うことにしています。

北朝鮮は、15日のキム主席の生誕105年の記念日に続き、今月25日には朝鮮人民軍の創設85年の節目を迎えることになります。北朝鮮としてはミサイルの発射で、キム委員長をさらに権威づけして国威の発揚を図るとともに、武力行使も排除しない姿勢を示すアメリカを強くけん制する狙いもあったと見られます。

情報源: 北朝鮮がミサイル発射に失敗か 米韓両軍が分析急ぐ | NHKニュース

ほぉ・・・


「北朝鮮がミサイル発射に失敗か 米韓両軍が分析急ぐ | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。