水上飛行機が宍道湖に墜落 乗っていた2人救助 松江

ふむ・・・


15日午前11時25分ごろ、松江市玉湯町湯町の北約150メートルの宍道湖上で、水上飛行機が墜落したと110番があった。乗員2人がボートで救出されたが、いずれも意識はあり、目立ったけがはないという。

島根県警松江署によると、墜落したのは個人所有の軽飛行機「セスナT206H型」。松江市の男性(72)が操縦し、鳥取県米子市の男性(70)が同乗していた。

松江市では当時、約10メートルの風が吹いており、強風注意報が出ていた。(2017/04/15-13:50)

情報源:宍道湖に水上飛行機墜落=2人救出、けがなし-松江:時事ドットコム


水上飛行機と救助する県警の警備艇=松江市玉湯町

15日午前11時25分ごろ、松江市玉湯町湯町の宍道湖で「水上飛行機が墜落した」と110番通報があった。島根県警松江署や市消防本部によると、飛行機に乗っていたのはともに70代の男性2人で、救助され、けがはないという。現場は湖畔の玉造国際ホテルから約150メートル北の湖上。

署によると、操縦していたのは市内に住む男性で、2人は知人同士とみられるという。

水上飛行機と救助する県警の警備艇=松江市玉湯町

2人と知り合いという男性(72)は、「偶然通りかかったら飛行機が落ちていて、湖上で45度の角度でつんのめっていた」と話した。一人の携帯電話にかけたところ機内にいて、「大丈夫か」と聞くと「大丈夫だ」と答えたという。この一人はボートに乗せられて岸に上がったという。「ずぶぬれだったけど自力で歩き、救急車で運ばれた。2人は毎週のように飛んでいたので、もしかしたらと思った」と話した。

松江地方気象台によると、松江市には同日午前10時過ぎから強風と波浪の注意報が出ていた。

現場の地図

情報源:宍道湖に水上飛行機が墜落 男性2人救助けがなし 松江:朝日新聞デジタル


墜落した水上飛行機(共同)

15日午前11時25分ごろ、松江市玉湯町湯町近くの宍道湖に水上飛行機が墜落したと110番があった。島根県警によると、乗っていた2人を救助し、目立ったけがはなかった。2人はともに70代の男性で、松江市と鳥取県米子市の在住。島根県警が事故の状況を詳しく調べている。

県警によると、現場は湖岸から約150メートルの沖合。

宍道湖で遊覧船を運営する会社の従業員によると、15日は普段よりも西風が強く、波高が1~2メートルあり、水上機の着水は難しい状況だったという。「飛行機の事故は聞いたことがないのでびっくりした」と話した。(共同)

情報源:水上機が墜落、2人救助 目立つけがなし、宍道湖 – 社会 : 日刊スポーツ


15日午前、松江市の宍道湖に水上飛行機が墜落しました。乗っていた2人は救助され、意識はあるということで、警察と消防が、現場の状況を調べています。

15日午前11時20分ごろ、「松江市の宍道湖に水上飛行機が墜落した」と警察に通報がありました。

警察によりますと、飛行機には、松江市の70代の男性2人が乗っていたと見られ、いずれも救助され、意識はあるということです。現場の映像では、事故のおよそ40分後に、飛行機の後ろの部分が水面から出ているのが見えましたが、その後、ほとんどの部分が沈んで見えなくなりました。警察と消防が船を使って現場の状況を調べています。

松江地方気象台によりますと、事故当時、松江市には強風注意報が出ていて、午前11時20分には、16.1メートルの最大瞬間風速を観測していました。

情報源: 水上飛行機が宍道湖に墜落 乗っていた2人救助 松江 | NHKニュース


ハァ・・・