女児殺害 遺体遺棄に軽乗用車を使ったか | NHKニュース

ふむ・・・


先月、千葉県我孫子市で小学3年生の女の子が殺害されているのが見つかった事件で、逮捕された学校の保護者会の会長の軽乗用車は、女の子が行方不明になった当日の夜は、ふだんとめている駐車場にはなかったことがわかりました。警察は、遺体などを遺棄する際に軽乗用車を使った疑いもあると見て調べています。

先月26日、千葉県我孫子市の排水路脇で、松戸市の小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害されているのが見つかり、警察は、小学校の保護者会の会長、澁谷恭正容疑者(46)を遺体を遺棄した疑いで逮捕し、15日、検察庁に送るとともに、自宅マンションを捜索しました。調べに対し、黙秘しているということです。

これまでの調べで、女の子は先月24日に自宅を出てまもなく連れ去られたと見られ、警察は、澁谷容疑者が、所有する2台の車のうち、キャンピングカーに女の子を連れ込んだ疑いがあると見て調べています。

もう1台の軽乗用車は、ふだん自宅マンション近くの駐車場にとめられていますが、女の子が行方不明になった先月24日の夜は、駐車場にはなかったことが近隣住民への取材でわかりました。

これまでの調べで、遺体の発見現場と、ランドセルなどが見つかった茨城県坂東市の河川敷の周辺では男のものと見られる車が防犯カメラに写っていたことがわかっていて、警察は、遺体などを遺棄する際に軽乗用車を使った疑いもあると見て車の走行ルートなどを調べています。

自宅マンションを捜索

千葉県松戸市にある澁谷容疑者の自宅マンションには、15日午前10時すぎから捜査員が入っていきました。そして午後5時前、自宅から出てきた捜査員が押収品が入っていると見られる「千葉県警察」と書かれた段ボール箱10箱余りを次々と車に運び入れていました。

容疑者と女児を知る男性は

澁谷容疑者と女の子の双方を知る男性は、女の子が行方不明になった先月24日の夜、容疑者がふだん使っている軽乗用車が、駐車場にないことに気付いたということです。

この男性は、自分の長男と同級生の女の子が行方不明になったと聞いて、先月24日の午後10時ごろ、女の子を探している中で澁谷容疑者の自宅マンションの前を通りかかったということです。男性によりますと、マンションの駐車場には、ふだん澁谷容疑者の軽乗用車がとめられていますが、そのときは車はなかったということです。

この男性は「ふだんはいつも車があるのに、その夜にはありませんでした。澁谷容疑者が逮捕され、警察が車を持って行ったのを見て、やはりと思いました」と話しました。

男性は、保護者会の会長をしていた澁谷容疑者について「小学校の式典などで来賓としてあいさつしたりするので、子どもたちはみんな彼のことを知っています。だから女の子は、大人の知り合いは少なくても澁谷容疑者のことは知っていたと思います」と話しました。また、事件が明らかになったあとの澁谷容疑者の様子については「自分の妻が澁谷容疑者と会ったときに、目を合わさなかったと話していました」と当時の状況を語りました。そのうえで「逮捕されたと聞いて、ほっとしました。女の子に『よかったね』と言いたいです」と話していました。

「キャンピングカーを動かしているところ見ていない」

澁谷容疑者のキャンピングカーは自宅から北東におよそ150メートルの場所にある駐車場にとめられていたということです。駐車場の管理会社の男性によりますと、澁谷容疑者は、5年前の平成24年1月に「キャンピングカーを買うので駐車スペースを探している」と言って、駐車場を借りる契約をしたということです。この男性は「キャンピングカーを動かしているところを見たことがありません。去年の夏も駐車場で見かけて声をかけたら『これから出かける』と言っていましたが、動かした様子はありませんでした。逮捕されて、とにかく驚きました」と話していました。

情報源: 女児殺害 遺体遺棄に軽乗用車を使ったか | NHKニュース

へぇ・・・