任天堂「スイッチ」は絶好調、1カ月で推計60万台販売 人気ソフト計画的投入が奏効(1/3ページ) – 産経WEST

マジか。


任天堂が約4年ぶりに発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)」が好調だ。3月3日の発売開始から1カ月以上たった現在も店頭では品薄が続く。ソフトを開発しやすくする仕組みや、人気ソフトを計画的に投入するマーケティング戦略が奏功し、ゲームファンを引きつけている。

家電量販店の多くは発売後、予約を受けず、入荷するたびに抽選販売などで対応している。量販店のヨドバシカメラ、ビックカメラはこれまで4回ずつ入荷し、即日完売した。ビックカメラの担当者は「問い合わせが絶えない」という。

「1千万台の壁」超えるヒットの可能性も

ゲーム雑誌「ファミ通」によると、発売から1カ月(3月3日~4月9日)の推定販売台数は60万1904台。前機種「WiiU(ウィー・ユー)」は22日間で83万台、その前の「Wii(ウィー)」は29日間で114万台を出荷しており、スイッチの方が少ないが、前2機種の発売は12月の年末商戦にあたった。浜村弘一・ファミ通グループ代表は「スイッチの勢いは歴代ゲーム機の中でかなり高い」という。

発売当初は任天堂のソフトが2タイトルしかなく、ソフト不足を懸念する声もあった。しかしスイッチでは、ゲームの映像などを処理する「ゲームエンジン」を汎用(はんよう)タイプにし、他社がソフトを作りやすくしたことで、中小開発者によるソフトが増えている。

また、今後のソフト発売計画を公表し、ユーザーが安心して買えるようにした。「スプラトゥーン2」など人気ソフトの発売時期を早めに知らせたことも販売を後押ししている。

浜村代表は「据え置き型ゲーム機の国内販売はこれまで1千万台が一つの壁だった。携帯型のユーザー層を取り込めれば、これを超える可能性がある」と話している。(大島直之)

情報源: 任天堂「スイッチ」は絶好調、1カ月で推計60万台販売 人気ソフト計画的投入が奏効(1/3ページ) – 産経WEST

ふむ・・・