女児殺害事件 逮捕された保護者の会会長は「黙秘」 | NHKニュース

ふむ・・・


先月26日、千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年生の女の子が殺害されているのが見つかった事件で、警察は、女の子が通っていた小学校の保護者で作る会の会長で、近くに住む46歳の男を女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。警察の調べに対し、男は黙秘しているということです。

逮捕されたのは、千葉県松戸市六実に住む自称、不動産賃貸業、澁谷恭正容疑者(46)です。

この事件は、先月26日、千葉県我孫子市北新田の排水路脇の草むらで、松戸市に住む小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が首を絞められて殺害されているのが見つかったもので、警察は、殺人や遺体を遺棄した疑いで捜査を進めていました。

その結果、現場の遺留物のDNAの型が澁谷容疑者のものと一致したことなどから、女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。

松戸市教育委員会などによりますと、澁谷容疑者は、女の子が通っていた六実第二小学校の保護者で作る会の会長を務めていて、女の子の通学路などで子どもたちの登校を見守る活動を行っていたということです。

警察によりますと、調べに対し、澁谷容疑者は黙秘しているということです。

これまでの調べで、女の子は、遺体で見つかる2日前の先月24日に登校するため自宅を出たあと行方がわからなくなり、遺体の発見現場からおよそ20キロ離れた利根川の河川敷では女の子のランドセルや身につけていたと見られる衣服などが見つかっていました。

警察は、澁谷容疑者がふだん使っていた車など2台の車を押収し、遺体や衣服などの遺棄に使われた可能性があると見て調べています。

また、今後、自宅を捜索するとともに取り調べを進め、女の子との面識の有無や、事件の動機などを詳しく調べる方針です。

女児の父親「ありがとう」

警察は、午後1時からの会見で、女の子の父親に国際電話で容疑者の逮捕について報告したところ、父親は声をふるわせながら「ありがとう」と答えたと明らかにしました。

情報源: 女児殺害事件 逮捕された保護者の会会長は「黙秘」 | NHKニュース

誰を信じればいいのか・・・