明治神宮液体事件で逮捕状 中国人女2人、すでに出国か 同様被害今月計6件 – 産経ニュース

ふむ・・・


鳥居にかけられた液体を調べる警視庁の鑑識課員=4日午後、東京都渋谷区の明治神宮(宝田将志撮影)

明治神宮(東京都渋谷区)で鳥居などに液体がまかれた事件で、警視庁は13日、建造物損壊容疑で、中国人の女2人の逮捕状を取った。ともに、既に出国しているとみられる。今月に入って宗教施設を標的にした同様の被害が全国で計6件相次いでおり、関連を調べる。

逮捕状が出たのは、朴今玉容疑者と、朴善愛容疑者=ともに(49)。

明治神宮の事件では、3日午前11時ごろ、南参道鳥居で明治神宮の職員が、数十センチ程度の液体の染みを発見。職員は雨などで自然についたものではないことを確認し、警視庁に通報した。その後、敷地内を調査したところ、門など計4カ所で同様の染みが見つかった。

5日には、港区の増上寺で、国指定重要文化財の「三解脱門(さんげだつもん)」などに油のような液体がかけられているのが見つかった。そのほか、今月に入って、京都府や沖縄県などでも同様の被害が見つかっている。

情報源: 明治神宮液体事件で逮捕状 中国人女2人、すでに出国か 同様被害今月計6件 – 産経ニュース

えぇ・・・