広島 リプレー検証で先制点、6連打の猛攻で一気4得点/デイリースポーツ online

ほぉ・・・


1回、広島・菊池涼介のアウトの判定にリプレー検証を求める広島・緒方孝市監督=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)

「巨人-広島」(13日、東京ドーム)

1分けを挟み9連勝中の広島が初回、6連打で4点を先制した。 初回1死一、二塁。打席に立った新井が、巨人の先発・吉川から中前打を放ち、その間に、二走・菊池が本塁に滑り込んだ。

1度はアウトコールされたが、リプレー検証の結果セーフとなり、先制点を奪った。

主砲の一打に打線が奮起。鈴木、エルドレッド、小窪、会沢の連続適時打でこの回一挙、4得点を奪った。

情報源: 広島 リプレー検証で先制点、6連打の猛攻で一気4得点/デイリースポーツ online

5回で逆転されてるじゃん。