幼稚園側に約6,300万円賠償命令

ふむ・・・


2011年、神奈川県の幼稚園のプールで3歳の男の子が溺死し、両親が元担任と園長らに損害賠償を求めた裁判で、横浜地裁は、およそ6,300万円を支払うよう命じた。

この裁判は、2011年7月、大和市の大和幼稚園のプールで、当時3歳の伊礼貴弘ちゃんがおぼれて死亡し、両親が、元園長の西山淳子被告や担任教諭だった平 有紀江被告が安全に配慮する義務を怠ったとして、およそ7,300万円の損害賠償を求めているもの。

13日の判決で、横浜地裁は、担任だった平被告と使用者の幼稚園に加え、刑事裁判では無罪だった園長の西山淳子被告についても、「監督者として相当の注意を払ったとは認められない」として、あわせておよそ6,300万円の支払いを命じた。

貴弘ちゃんの父親は「今の気持ちは釈然としない。西山淳子元園長の過失が認められているかどうかというところが、判断のポイントなので」と語った。

貴弘ちゃんの父親は、「園長の過失をはっきりさせてほしい」と、控訴する方針を明らかにした。

情報源: 幼稚園側に約6,300万円賠償命令

高いとみるか、安いとみるか。