浅田真央が現役引退「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」

お疲れ様でした。


浅田真央

女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」(原文のまま)

情報源:浅田真央が引退「選手として終える決断致しました」 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:浅田真央が引退「選手として終える決断致しました」 – フィギュア : 日刊スポーツ


引退を表明した浅田真央

2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得したフィギュアスケート女子の浅田真央(26)=中京大=が、現役引退を決めたことが10日、分かった。昨年の全日本選手権で12位に沈むも、大会直後は現役続行を明言。一方で、1年間の休養を経て復帰した15、16年シーズンから痛みのある左膝の状態が思わしくなく、本来の演技ができない状態が続いていた。

浅田は自身のブログで「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います」とつづった。

来年2月の平昌五輪出場を最終目標に定めていたが、今年3月の世界選手権では女子が最大の出場権3枠を確保できず、五輪に行けるのは2選手のみ。代表入りが厳しくなっていた。

初出場となった10年バンクーバー五輪で銀メダルを手にしたほか、3度の世界選手権優勝や全日本選手権で6度の頂点に輝くなど数々の偉業を成し遂げた大スターが、ついに引退を決意した。

情報源: 浅田真央が現役引退「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


オフィシャルサイトはアクセス集中でつながらない。

連盟の搾取とかの噂もあったが・・・

ボロボロの浅田真央が引退したくてもできない理由が酷い! – 芸能ニュース.jp