ラモス氏毒舌復活! 「今の代表はW杯行けて当たり前」「私が監督なら本田はボランチ」:イザ!

ふむ・・・


ラモス氏は久しぶりに、ファンの耳に爽快な毒舌を連発

歯にきぬ着せぬ毒舌が戻ってきた。昨年12月に脳梗塞と診断されたサッカー元日本代表MFラモス瑠偉氏(60)が3日、仕事に復帰。都内で行われたWOWOW「リーガダイジェスト! クラシコSP」(17日午後8時からWOWOWライブで放送)の公開収録で、元日本代表主将の宮本恒靖氏と対談した。

スペインサッカーがテーマの対談だが、「俺は誰よりも日本のことを愛している」と日本代表の話題に終始しラモス節を連発。ハリル・ジャパンについては「誰が監督をやっても今の日本代表がW杯に行けるのは当たり前」と前置きした上で、「(2010年W杯で)岡田監督が掲げたベスト4が日本代表の目標じゃなかったのか?」とゲキを飛ばした。

もし日本代表・ラモス監督が実現すれば、「本田(ACミラン)を1トップのセンターFW、もしくはボールがさばけるのだからボランチにする」と斬新なアイデアを披露。その理由を「俺も代表でボランチをやってから視野が広がり、選手寿命が長くなったからだ」と説明した。

また、最近パッとしないFW香川(ドルトムント)に対し「歯がゆい。横パスばかりでまるで“カニサッカー”だ」とバッサリ。「どうしていいものをもっているのにヨコにパスするの? メッシやネイマールは監督のご機嫌伺いなんかしていないよ」と続けた。

「辛口でいうのはその人たちを好きだから。断っておくけど今の日本代表の監督さんの悪口ではないですから」と笑った。これからもガンガン、ハリル・ジャパンを刺激してほしいものだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

情報源: ラモス氏毒舌復活! 「今の代表はW杯行けて当たり前」「私が監督なら本田はボランチ」:イザ!

60歳か・・・