受動喫煙「日本の対策時代遅れ」WHO幹部|日テレNEWS24

反対派ってのは得てして声が大きいんだよ。


政府が、受動喫煙を規制する法案の今国会提出を目指す中、WHO幹部が来日し「日本の対策は時代遅れだ」と苦言を呈した。WHO幹部は塩崎厚労相に面会し、屋内を完全に禁煙するよう要請。厚労相は「しっかり対応していかなければならない」と答えたという。

受動喫煙を規制する法案の今国会提出を政府が目指している中、WHO(世界保健機関)の幹部が来日し、「日本の対策は時代遅れだ」と苦言を呈した。

WHOのナンバー2、バー事務局次長らは7日午後、塩崎厚労相に面会し、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、公共施設については、国レベルで屋内を完全に禁煙するよう要請した。これに対し、塩崎厚労相は、「しっかり対応していかなければならない」と答えたという。

また、WHOのベッチャー生活習慣病予防部長は、日本の受動喫煙対策は「時代遅れだ」と苦言を呈した。

ダグラス・ベッチャー氏「日本は、経済やテクノロジーは発展しているが、たばこ対策、特に受動喫煙対策は時代遅れです」

日本の飲食業界には、屋内禁煙にすると売り上げが落ちるとの不安の声があるが、ベッチャー氏は、アメリカやオーストラリアなどで完全禁煙を実施した後、レストランの売り上げは減少しなかったという調査結果を紹介し、日本での実現を強く求めた。

情報源:受動喫煙「日本の対策時代遅れ」WHO幹部(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源: 受動喫煙「日本の対策時代遅れ」WHO幹部|日テレNEWS24


この調子で、パチンコやスロットも全面的に禁止にしてくれ。
カジノ特区を作って、ギャンブルは全部その中にまとめろ。