広島が6連勝! 2年目右腕の岡田が九回途中1失点で今季初勝利 – 野球

この調子でリーグ連覇と日本一を・・・


力投した広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

 「広島2-1ヤクルト」(8日、マツダスタジアム)

広島が1分けを挟み6連勝。先発・岡田は8回1/3、5安打1失点で今季初勝利を挙げた。プロ初完封を目指して九回もマウンドに立ったが、畠山の二塁打を許すなど2走者を出して、ジャクソンと交代した。

広島は二回1死一、三塁から重盗で1点を先制。2死三塁から石原の右前適時打で2点目を挙げた。

ヤクルトは4連敗。0-2の九回1死満塁から代打・鵜久森の左前適時打で1点を返したが後続を断たれた。先発・小川が7回6安打2失点で2敗目。

今季初勝利の2年目・岡田は前回の阪神戦で4回6失点だっただけに、「修正できました。力まずにしっかり自分のボールを投げることに重点を置いた。(九回に)完投できなかった悔しさは次にいかしたい。(八回にバレンティンをこの日三つ目の三振に)力みましたが、空振りしてくれて良かった」と振り返った。

岡田をリードし、自らも貴重な2点目のタイムリーを放った石原は、「(岡田は)自分のいいボールを投げてくれたと思う。(打撃は)食らいついた結果が一番いい結果になった」などと語った。

情報源:広島が6連勝、岡田は今季1勝目、プロ初完封は逃す「次に生かしたい」/カープ/デイリースポーツ online


今季初勝利を挙げた広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

(セ・リーグ、広島2-1ヤクルト、2回戦、8日、マツダ)広島は2年目右腕の岡田明丈投手(23)が先発し、8回1/3を投げ9三振を奪うなど5安打1失点で今季初勝利を挙げた。チームは1分けを挟んで6連勝を飾った。

広島は二回、先頭の新井が相手先発の小川から左前打を放ち出塁。エルドレッドの四球などで二死一、三塁とした後、打者・石原の打席で重盗。捕手・中村が二塁に送球する間に三走・新井が生還し、1点を先制した。さらに二死二塁から石原が右前適時打を放ち、追加点を奪った。

広島は九回に1点を返されたものの、最後は2番手・ジャクソンが二死満塁で大引を右飛に打ち取って逃げ切った。

今季初勝利を挙げた岡田は前回登板では4回6失点と崩れたが、「修正できました。力まずにしっかり自分のボールを投げるというところに重点を置いてやりました」と充実感を漂わせる。完投を逃したことには「次に生かしたいと思います」と飛躍を誓った。

情報源: 広島が6連勝! 2年目右腕の岡田が九回途中1失点で今季初勝利 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


頑張れ。