プロ初登板の広島ドラ1加藤8回終えて無安打無失点 近藤真一以来の大記録なるか/デイリースポーツ online

加藤がすごいぞ。


1回ヤクルト2死、山田哲人を空振り三振に仕留める広島ドラフト1位・加藤拓也=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-ヤクルト」(7日、マツダスタジアム)

広島のドラフト1位・加藤拓也投手(慶大)が8回まで無安打無失点の投球を続けている。

プロ初登板の加藤は8回終えて四球は6つと多いものの、無安打7奪三振。

試合は3-0で広島がリードしており、大記録まで残り3人となっている。

初登板でのノーヒットノーランは、プロ野球では1987年8月9日、ナゴヤ球場での巨人戦で中日・近藤真一(現中日投手コーチ)が唯一達成している。

情報源: プロ初登板の広島ドラ1加藤8回終えて無安打無失点 近藤真一以来の大記録なるか/デイリースポーツ online

すげぇ・・・