今村復興相 辞任の必要ない 安倍首相

ふむ・・・


安倍晋三首相は6日の衆院本会議で、記者会見で激高した今村雅弘復興相について、「全力で職務に取り組んでもらいたい」と述べた。民進党の逢坂誠二氏が辞任要求したのに対し答えた。

逢坂氏は東京電力福島第1原発事故による自主避難者の帰還に関し、今村氏が会見で「本人の責任」と発言したことも批判した。首相は「被災者に寄り添い、復興に全力を挙げる安倍内閣の方針に変わりはない」と強調した。

これに先立ち、今村氏は衆院東日本大震災復興特別委員会の冒頭、「皆さまにご迷惑をお掛けしたことをおわび申し上げる。感情的になってしまった」と改めて陳謝した。

この後、民進党の郡和子氏に対し「自主避難者の方も事故のために避難している。にもかかわらず、自らの責任であるような印象を与えてしまった」と釈明した。

一方、民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で「首相の認識に驚きを禁じ得ない。復興を担当する責務にあらず、辞任を要求したい」と改めて辞任を求めた。共産党の志位和夫委員長も会見で「辞任しかない。任命責任があり、首相自身の資質が問われている」と批判した。(2017/04/06-17:05)

情報源:今村復興相の辞任要求拒否=「全力で職務を」-安倍首相:時事ドットコム


安倍総理大臣は衆議院本会議で、原発事故によるいわゆる「自主避難者」の帰還をめぐる今村復興大臣の発言について、被災者に寄り添い復興に取り組むという内閣の方針に変わりはなく、今村大臣は謝罪しているとして、辞任の必要はないという考えを示しました。

今村復興大臣は4日の記者会見で、原発事故によるいわゆる「自主避難者」が帰還するかどうかは、自己責任だなどという認識を示したほか、質問した記者に対し、「うるさい」などと述べ、その後、陳謝しました。

この発言をめぐって、6日の衆議院本会議で、民進党の逢坂誠二氏は、「自主避難されている皆さんの心を逆なでするものであり、冷静さを保てない今村大臣は即刻辞任すべきだ」とただしました。

これに対し、安倍総理大臣は「被災者の方々に寄り添いながら、復興に全力を挙げるとの安倍内閣の方針は、いささかも変わるものではない」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「今村大臣は謝罪会見を行い、感情的になったことをおわびし、冷静・適切に対応していく旨を申し上げた。今村大臣には引き続き被災者に寄り添って1日も早い被災地の復興に向け、全力で職務に取り組んでいただきたい」と述べ、今村大臣が辞任する必要はないという考えを示しました。

民進 蓮舫代表「驚きを禁じえない」

民進党の蓮舫代表は記者会見で、「辞任させるつもりがないという安倍総理大臣の認識に驚きを禁じえない。自主避難先で起きている子どものいじめ問題などに敏感に寄り添い、改善策を提案していく責務を担っている人が、『自主避難は自己責任』と言い放ち、記者に非常に傲慢な態度で臨んだ。謝罪しただけでは到底済まされるものではないし、本音は変わっていないと思うので、復興を担当する任にあらずと、私たちは辞任を要求したい」と述べました。

情報源: 今村復興相 辞任の必要ない 安倍首相 | NHKニュース


いまだに蓮舫が政治の舞台に居る事が驚きを禁じ得ないんだが。