未払い代金15億円以上 施工業者が森友学園を提訴へ | NHKニュース

ふむ・・・


大阪の学校法人「森友学園」が建設していた小学校の施工業者が記者会見し、未払いの工事代金が15億円以上に上る見通しを示したうえで、近く学園側に支払いを求めて裁判所に訴えを起こす方針を明らかにしました。

学校法人「森友学園」は、今月の開校を目指して、大阪・豊中市の元の国有地に小学校の建設を進めていましたが、先月に認可の申請を取り下げ、その後、工事は中断しています。

これについて、建設工事を請け負った大阪・吹田市の「藤原工業」が3日に記者会見し、未払いの工事代金が15億円以上に上る見通しを示しました。藤原工業は代金の回収に充てるため、すでに、森友学園の運営の拠点となっている「塚本幼稚園」の土地や建物などの仮差し押さえを裁判所に申し立てて認められ、さらに、豊中市にある籠池前理事長の自宅の土地や建物についても、3日までに申し立てが認められたことを明らかにしました。

工事の契約にあたって、藤原工業は森友学園と覚書を交わしており、そこには、正規の工事代金はおよそ15億5000万円としたうえで、大阪府から「私学助成金」の交付を受けるため、最終的な請負金額をおよそ7億5000万円とする契約書を別途、作ることが書かれています。

藤原工業によりますと、学園側からは、「工事代金の半分は、大阪府の私学助成金で支払う」と説明を受けていましたが、その後、府に確認したところ、そうした助成金は存在しないことがわかったということです。

代理人の関戸一考弁護士は「藤原工業が、だまされた被害者であることがはっきりした」と述べ、近く学園側に支払いを求めて裁判所に訴えを起こす方針を明らかにしました。

情報源: 未払い代金15億円以上 施工業者が森友学園を提訴へ | NHKニュース

どうなるんだ・・・?