世界トップ10の所属が条件 卓球・Tリーグが設立会見:イザ!

ほぉ・・・


卓球のプロアマ混在による新リーグ「Tリーグ」の設立会見が3日、東京都内で開かれ、設立準備を主導してきた元日本代表の松下浩二理事は「日本の卓球の層を厚くすることも大切。(トップ選手が強化目的で)わざわざ外にいく必要のないところをつくる」と説明した。

来秋の開幕を目指すTリーグはT1(1部)で男女各4~6チームによるホームアンドアウェー方式の団体戦を想定。夏までに参加条件の詳細を詰め、年内の初年度参加チーム決定を目指す。各チームには世界ランキング10位以内の選手を所属させるとともに、名前には地域名をつけることなどを求めるという。

リーグ側は1チームあたりの年間予算を約2億円と見込んでいる。日本リーグ所属の実業団チームが参入するかは未定。

情報源: 世界トップ10の所属が条件 卓球・Tリーグが設立会見:イザ!

上手く行けばいいな。