【森友学園問題】籠池氏、補助金不正認める 「森友」保育園 大阪府市が幼保に立ち入り調査(1/2ページ) – 産経WEST

ふむ・・・


学校法人森友学園(大阪市淀川区)が運営する幼稚園が補助金を不正受給した疑いがあるとして、大阪府は31日、同園の籠池泰典氏に立ち会いを求め、同区の塚本幼稚園を立ち入り調査した。大阪市も同日、同区内の系列保育園を調査。市によると、籠池氏は保育園で、専門の栄養士を配置した場合に支給される運営補助金計約250万円を不正に受給していたことを認め、全額を返還する意向を示したという。籠池氏が不正受給を認めたのは初めて。

保育園は、籠池氏が代表の社会福祉法人が運営する高等森友学園(同区)。市によると、同保育園はアレルギー対応を担う専従の栄養士を配置した場合、年間126万円が支給される制度を使い、平成27、28年度に計252万円を受給していた。

しかし、籠池氏は市の調査に対し、栄養士は主に塚本幼稚園で勤務しており、受給要件を満たしていなかったと認めたという。

一方、府の調査対象は、障害などで特別な支援が必要な園児の在籍数に応じて支給される補助金。1人あたり年間最大約78万円支払われ、塚本幼稚園は過去5年間で約7千万円を受け取っている。

受給には医師の診断書や保護者の同意書が必要だが、この日の調査で学園側は、同意書について「(国会の証人尋問の際に)東京に持っていったまま戻っていない」として提出しなかったため、府は改めて関係書類を出すよう求めた。

さらに、幼稚園に対して平成23~27年度に交付された経常費補助金計約1億7500万円のうち、籠池氏の妻で副園長を務める諄子氏らの「専任教員」としての人件費も調査対象となっている。

諄子氏は副園長である一方、保育園の園長も務める。保育園は市から、常勤の園長を置くことで運営委託費が増額される「所長設置加算」を受給。両園で常勤ということはあり得ないが、籠池氏は諄子氏について「日中は保育園に勤務している」と説明したという。

両園の教職員名簿では、諄子氏のほかにも複数の名前が重複しているといい、府は補助金を不正受給していた疑いがあるとみて、補助金適正化法違反罪での告訴・告発を検討している。

保育園で虐待があったとの情報もあるが、籠池氏は市の聞き取りに否定。市は保育士らから聞き取りをして、さらに調べる。

情報源: 【森友学園問題】籠池氏、補助金不正認める 「森友」保育園 大阪府市が幼保に立ち入り調査(1/2ページ) – 産経WEST

ほぉ・・・