【森友学園問題】自民党の西村康稔総裁補佐が籠池氏の抗議に反論 「籠池証言に大きな疑義がある!」 偽証罪告発も前向きに検討(1/2ページ) – 産経ニュース

ふむ・・・


自民党の西村康稔総裁特別補佐は1日、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏の弁護士が西村氏らに送付した抗議書について「自民党として文書など客観的な資料などに基づき論理的な検討を経て籠池証人の証言に大きな疑義があることを指摘している」と反論する談話を出した。

西村氏らは3月28日に記者会見を行い、籠池氏が同月23日に出席した衆参両院の予算委員会における証人喚問での証言に偽証の疑いがあると主張した。また、議院証言法に基づく偽証罪での告発について「偽証が確定すれば考えたい」と前向きな考えを示した。

具体的には、安倍晋三首相の昭恵夫人からの「100万円の寄付」について、籠池氏が学園職員によるものと証言した郵便局の振込用紙の筆跡が妻・諄子(じゅんこ)氏のものである疑いがあると分析。「安倍晋三記念小学校」名を使った寄付金集めについて、籠池氏は「ほんの一時、1、2日だけ」「5カ月ぐらい」と証言を二転三転させたが、西村氏は独自に入手した資料を基に使用期間は「2、3年だ」と述べていた。

西村氏らの主張に対し、籠池氏の弁護士は3月31日付で抗議書を郵送した。抗議書は「籠池氏は自己の記憶に忠実に、質問に答えた。偽証はしていない」とし、「法的根拠を欠き、名誉毀損(きそん)だ」としている。

西村氏は抗議書を見ていないとしており、「内容をよく確認するとともに、引き続き証言内容について精査していきたい」とコメントした。

情報源: 【森友学園問題】自民党の西村康稔総裁補佐が籠池氏の抗議に反論 「籠池証言に大きな疑義がある!」 偽証罪告発も前向きに検討(1/2ページ) – 産経ニュース

へぇ・・・