広島が9-8で延長十回サヨナラ勝ち 阪神D5・糸原の失策後に安部がサヨナラ内野安打 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

四死球が多かった。


セ・リーグ、広島9x-8阪神=延長十回、2回戦、阪神1勝1敗、1日、マツダ)広島が延長十回一死二、三塁からに安部友裕内野手(27)が二塁適時内野安打を放ち、サヨナラ勝ちした。

広島は十回、一死からエルドレッドがドリスから左前打。下水流の打席でけん制エラーがあり、代走の上本は二進。下水流のゴロを阪神D5・糸原が失策し、一死二、三塁。最後は安部の一、二塁間のゴロを大和が好捕して本塁へ返球したが、三走・上本が生還した。

乱打戦となった開幕2戦目。阪神は一回に糸井が2試合連続打点となる右犠飛を放つなど4得点。その裏、広島が3点を返すなど打ち合いとなった。

阪神は二回に2点を追加も、広島は鈴木が五回に特大2ラン。阪神は六回に2点を奪ったが、広島は六回に2点、七回に同点に追いつくなど粘り、今季1勝目を挙げた。

5回、本塁打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・村本聡)

情報源: 広島が9-8で延長十回サヨナラ勝ち 阪神D5・糸原の失策後に安部がサヨナラ内野安打 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

よかった、よかった。