てるみくらぶのツアー客、追加請求トラブルが10件以上報告 News i – TBSの動画ニュースサイト

えぇ・・・


破産手続きを開始した格安旅行会社「てるみくらぶ」の海外ツアー客が、現地で追加のホテル代を請求されるトラブルが、10件以上報告されていることがわかりました。

航空券の発券トラブルが相次いでいた「てるみくらぶ」は資金繰りが悪化したとして、27日、破産の手続きを開始し、現地のホテルなどに支払いができていないことを明らかにしました。

観光庁によりますと、海外に滞在しているツアー客から「てるみくらぶを通して支払われているはずのホテル代を現地で請求された」という報告が、27日までに韓国やハワイなどで合わせて10件以上あることがわかりました。観光庁は、トラブルなどがあった場合は、現地の日本大使館などに問い合わせるよう呼びかけています。

てるみくらぶの顧客への負債総額はおよそ100億円にのぼりますが、日本旅行業協会から支払われる弁済保証金の上限は1億2000万円で、わずか1%程度に留まるとみられ、顧客への全額返済は厳しい見通しです。(28日14:04)

情報源: てるみくらぶのツアー客、追加請求トラブルが10件以上報告 News i – TBSの動画ニュースサイト

ひでえ。