巨大金貨 ドイツの博物館で盗まれる | NHKニュース

えぇ・・・


ドイツの首都ベルリンにある博物館に展示されていた重さ100キロ、日本円でおよそ4億5000万円の価値がある巨大な金貨が盗まれているのが見つかり、地元の警察が窃盗事件として捜査しています。

世界有数の硬貨のコレクションで知られるベルリンの博物館で、27日、展示されていた巨大な金貨が盗まれているのが見つかりました。

金貨は、カナダの造幣局が2007年に発行した直径53センチ、重さ100キロの100万カナダドルの硬貨でカナダの元首であるイギリスのエリザベス女王とカナダのシンボルのカエデの葉が刻まれています。

現在の市場価格ではおよそ370万ユーロ(日本円でおよそ4億5000万円)の価値があるということです。

警察によりますと、現場の状況から、何者かが未明の時間帯に博物館の窓をこじあけ、侵入したと見られるということです。

また、建物の下には、鉄道の線路が走っていて、線路の上ではしごが見つかったことから、警察は、はしごを使ってよじ登り、中に入ったと見ています。ただ、重さ100キロもの金貨を1人で運び出すのは簡単ではないことから、警察は複数の人物による犯行の可能性もあると見て捜査しています。

情報源: 巨大金貨 ドイツの博物館で盗まれる | NHKニュース

ほぉ・・・