雪崩で8人死亡 講習参加の全員が発信器持たず | NHKニュース

ビーコン持たないやつは自殺志願者としか思えない。


27日、栃木県那須町のスキー場付近で、登山の講習中の高校生と教員48人が雪崩に巻き込まれ、生徒ら8人が死亡した事故で、全員が、遭難した際に居場所を発信する「ビーコン」という機器を持っていなかったことが、県などの関係者への取材でわかりました。警察は安全管理の問題について、業務上過失致死傷の疑いも視野に、関係者から事情を聞くなどして調べを進めています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町の「那須温泉ファミリースキー場」付近で、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員合わせて48人が雪崩に巻き込まれ、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡し、生徒と教員合わせて40人がけがをしました。

この事故では、講習に参加していた生徒と教員の全員が、遭難した際や雪崩に巻き込まれた際に居場所を発信する「ビーコン」という機器を持っていなかったことが、県や救助隊などの関係者への取材でわかりました。
ビーコンは今回の講習で持参するもののリストには入っていませんでしたが、雪崩の可能性がある山に登る際は携帯するのが望ましいということです。

また、今回の講習を主催した県の高校体育連盟によりますと、深い雪をかき分けて進む「ラッセル」の訓練に講習の内容を変更したことは、現場から主催者側には伝わっていなかったということです。

警察は安全管理の問題について、業務上過失致死傷の疑いも視野に、関係者から事情を聞くなどして調べを進めています。

ドローン調査も 雪崩発生場所わからず

事故を受けて、消防や県は28日、小型の無人機ドローンを使って、上空から雪崩の現場を調査しました。

雪崩が起きた現場近くにある那須町のスキー場の入り口には、地元の消防と県の職員、それにドローンを所有するさいたま市消防局の消防隊員ら、20人余りが集まり、ドローンが入ったケースなどを持って、雪崩が起きた現場近くに向かいました。

消防隊員らは斜面に沿うようにしてドローンを飛行させ、雪に覆われた斜面の状態を上空から撮影していました。

消防の担当者によりますと、28日は、斜面に雪崩の痕跡があることが確認できたものの、28日朝にかけて新たに積もった雪のため、雪崩が起き始めた正確な場所などはわからなかったということです。
今後、関係機関で映像を共有し、詳しく分析することにしています。

さいたま市消防局警防課の大塚成人消防司令長は「消防の現場での活動はこれで終わった。今後は映像を分析して、雪崩の規模や発生状況の解明につなげたい」と話していました。

専門家「自動車並みのスピードか」

防災科学技術研究所・雪氷防災研究センターの上石勲センター長は、雪崩の現場付近を、28日昼ごろ、上空から調査しました。

調査のあと、現場について上石センター長は、雪崩の痕跡ははっきりとはわからなかったものの、急な斜面に短時間に降り積もった雪が崩れたと見られることや、地面が見えないことなどから、新たに積もった雪が崩れて流れ下る「表層雪崩」が起きた可能性が高いと話しています。

そのうえで、「崩れたのは、降ったばかりで水分の比較的少ない『さらさらとした』雪のため、摩擦が小さく、斜面を流れる際にスピードが速くなりやすい」と述べ、現場の状況などから、今回の雪崩は時速40キロから50キロ程度の自動車並みのスピードで流れ下った可能性があると指摘しています。

そして、「『表層雪崩』であっても、1立方メートル当たり少なくとも100キロほどの重さがかかったと見られ、衝撃は相当なものだったのと考えられる。これから気温が高くなると、これまでに積もった雪が流れる『全層雪崩』が発生する可能性もあるので、急な斜面など危険な場所には近づかないことが重要だ」と注意を呼びかけています。

情報源: 雪崩で8人死亡 講習参加の全員が発信器持たず | NHKニュース

ハァ・・・