高校生など8人死亡の雪崩 約100m崩れたか | NHKニュース

ふむ・・・


27日、栃木県那須町にあるスキー場付近で、登山の講習中の高校生と教員合わせて48人が雪崩に巻き込まれ、生徒ら8人が死亡した事故で、27日の救助活動の際の情報では、雪崩はおよそ100メートルの長さで起きたと見られることがわかりました。警察はヘリコプターで上空から雪崩の状況などの確認を進めています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」の付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員合わせて48人が巻き込まれました。

この事故で、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡し、生徒と教員合わせて40人がけがをしました。

警察によりますと、雪崩が起きたのは、スキー場にある「センターハウス」と呼ばれる小屋から山頂に向かって500メートルほど進んだゲレンデよりも上にある斜面で、27日の救助活動の際の情報では、雪崩はおよそ100メートルの長さで起きたと見られることがわかりました。

警察は28日午前、ヘリコプターを飛ばして、上空から雪崩が起きた状況や範囲などの確認を進めています。

一方、現場検証については、現地の天候の状況などから、再度雪崩が起きる危険性があり、行うかどうか検討しているということです。

消防と栃木県 ドローンで現場を調査

事故を受けて、消防や栃木県は28日朝から、小型の無人機、ドローンを使って上空から雪崩の現場を調査しました。

雪崩が起きた現場近くにある那須町のスキー場の入り口には、28日午前8時ごろ、地元の消防と県の職員、それにドローンを所有するさいたま市消防局の消防隊員ら10人余りが集まり、ドローンが入ったケースなどを持って現場に向かいました。

調査地点に到着した消防隊員らは斜面に沿うようにしてドローンを飛行させ、雪に覆われた斜面の状態を上空から撮影していました。

消防の担当者によりますと、調査には警察も立ち会い、ドローンで撮影した映像を分析して、雪崩の規模や発生状況の解明につなげるということです。

さいたま市消防局警防課の大塚成人消防司令長は「立ち入りが難しい雪崩の現場をドローンで撮影することで、原因を少しでも明らかにしたい」と話していました。

安倍首相 原因究明し防災対策強化

安倍総理大臣は、参議院決算委員会で「痛ましい災害が発生した。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族に心からお悔やみを申し上げるとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げる」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「政府では、融雪出水期を迎え、雪崩などの発生に備えた防災体制の強化を関係機関などに働きかけていたところだが、今回の事態を踏まえ、再発防止を徹底するため、原因の徹底究明を行うとともに、警戒避難体制の強化、危険箇所などの巡視、点検の実施の徹底などによる防災対策の強化を図っていく」と述べました。

松野文科相 高校生以下は冬山登山行わないよう通知

松野文部科学大臣は閣議のあと記者団に対し、「スポーツ庁の職員2名を栃木県教育委員会に派遣し、今回の講習会の実施に問題がなかったのか、状況の把握に努め、二度と同様の事故が起こらないよう万全を尽くしたい」と述べました。

そのうえで松野大臣は「今回の事故にあたっては、まずは状況をしっかり把握することが重要で、今後の対応は精査・分析をしたうえで行いたい」と述べました。

また、松野大臣は、高校生以下の生徒については、技術や体力の面から、冬山における安全を確保することは難しいとして、原則として冬山登山は行わないよう指導の徹底を求める通知を、27日付けで全国の教育委員会などに出したことを明らかにしました。

情報源: 高校生など8人死亡の雪崩 約100m崩れたか | NHKニュース

うへぇ・・・