スキー場付近で雪崩 高校生6人心肺停止 4人と連絡取れず | NHKニュース

ふむ・・・


27日午前、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて、登山の講習を受けていた山岳部の高校生と教員が巻き込まれ、県によりますと、高校生6人が心肺停止の状態になっているということです。このほか高校生と教員合わせて4人と連絡が取れなくなっているほか、高校生3人がけがをしているということです。警察や消防は、救助活動を進めるとともに、ほかに巻き込まれた人がいないか調べています。

27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町にある那須温泉ファミリースキー場の付近で雪崩が起きて、登山の講習を受けていた山岳部の高校生や教員が巻き込まれました。

県の消防防災課によりますと、雪崩に巻き込まれたのは、いずれも県立大田原高校の高校生と教員で、このうち生徒6人が心肺停止の状態になっているということです。

このほか生徒3人と教員1人の合わせて4人と、連絡が取れなくなっているということです。

また、3人の生徒がけがをしているということです。

警察や消防は、救助活動を進めるとともに、ほかに巻き込まれた人がいないか調べています。

県の教育委員会によりますと、当時、現場では、栃木県内にある7つの高校から山岳部の生徒と教員、合わせて65人が参加して合同で登山の講習会を受けていたということです。

那須高原に設置している観測点では、27日未明から雪が積もり始め、午前9時の積雪は33センチとなっていて、気象庁は、那須町などに大雪や雪崩の注意報を発表して注意を呼びかけていました。

雪山登山の講習会 7高校の65人が参加

NHKが雪山登山の講習会に参加している栃木県内の7つの高校に取材したところ、講習会には、各学校の生徒54人と引率の教諭11人の合わせて65人が参加しています。

このうち、県立大田原高校では1年と2年の男子生徒12人が参加していますが、詳しい状況がわかっておらず、確認を急いでいるということです。

一方、県立宇都宮高校や県立那須清峰高校、県立矢板東高校、県立真岡高校、県立真岡女子高校、それに私立の矢板中央高校のほか6つの高校では、参加した生徒や教員全員の無事が確認されているということです。

専門家「表層雪崩の可能性」

栃木県那須町で起きた雪崩について、防災科学技術研究所雪氷防災研究センターの平島寛行主任研究員は「現時点では、およそ5キロ離れた気象庁の観測点のデータから推測すると、より標高の高いスキー場では、今月21日ごろに雪が降ったあと、25日ごろに日中の気温が上昇し、降り積もった雪の表面が溶けたと考えられる。その上に、きのうから新しい雪が多く降り積もったため、古い雪と新しい雪の間にすべりやすい弱い面ができて、新たに積もった雪が崩れる『表層雪崩』が発生した可能性がある」と話しています。

そのうえで、詳しい原因については、現地調査をするなどして、さらに詳しく調べる必要があると話しています。

「斜面不安定な状態か」

今回の事故について雪崩に詳しい専門家は「まとまった雪が短時間で降って斜面が不安定な状態になっていたと見られる」と話しています。全国各地で雪崩の調査や研究をしているNPO法人「日本雪崩ネットワーク」の出川あずさ理事は「詳しい現地の状況はまだ確認できていないが、まとまった雪が短時間で降れば斜面は不安定な状態になり、雪崩が起こりやすくなる。特殊な事故ではないと思う」と指摘しています。

そのうえで、「営業中のスキー場のゲレンデではパトロールが行われ、雪崩が起きないようコントロールがされている。このため過去25年、雪崩で人が巻き込まれる事故は起きていない。今回、営業を終えていたところで活動していたことが事故と関係していないか調べる必要があると思う」と話しています。

官邸危機管理センターで情報収集態勢を強化

菅官房長官は午前の記者会見で、「これまでに意識不明者が3名、連絡が取れない方が3名と報告を受けている。政府としては、官邸危機管理センターで情報収集態勢を強化するとともに、消防・警察が被災者の救命、援助などにあたっている」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「引き続き被害情報の把握に努め、被災自治体と緊密に連携を図りながら、被災者の救命・救助を最優先に災害応急対策を行っていく」と述べました。

政府は、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて山岳部の高校生と教員が巻き込まれたことを受けて、午前11時50分、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、関係府省庁や自治体などと連絡を取りながら、情報収集などにあたっています。

首相「 雪崩被害 救命・救助を最優先に」

安倍総理大臣は午後の参議院予算委員会で「被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申し上げる。政府では、総理大臣官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集態勢を強化するとともに、被災者の救命・救助などの災害応急対策にあたっている。引き続き、被害情報の把握を進め、被災自治体と緊密に連携を図りながら、被災者の救命・救助を最優先に災害応急対策に全力を尽くしていく」と述べました。

また、安倍総理大臣は「政府では融雪出水期を迎え、雪崩などの発生に備えた防災体制の強化を関係機関などに働きかけていたところであり、引き続き警戒・避難体制の強化などによる、防災体制の一層の強化が図られるよう努めていく」と述べました。

情報源: スキー場付近で雪崩 高校生6人心肺停止 4人と連絡取れず | NHKニュース